京都イベント情報6ヶ月

※掲載されている情報は変更される場合がありますので事前にご確認下さい。

美術館・博物館

美術館・博物館

能・狂言・劇場・コンサート

ピックアップ

もみじ祭 

  

主な紅葉の見処

 

夜間特別拝観と紅葉ライトアップ

秋の特別展・特別公開

 

京都非公開文化財特別公開

リンク集

  • 渓山閣
  • すみや亀峰菴
  • 旅館こうろ
  • 嵐山辨慶
  • 松井本館
  • 平新
  • 加茂川館
  • 嵐山温泉 渡月亭
  • 京小町
  • ホテル 東山閣
  • 京都 嵐山温泉 旅館 彩四季の宿「花筏」
  • ギオン福住
  • 旅館 元奈古
  • ホテル 花園会館
  • アーバンホテル 京都二条
  • 高雄もみぢ堂
  • 京都 炭屋旅館
  • ハトヤ
  • ページの上部へ

11月の情報

美術館・博物館

■ 美術館・博物館 

 ※日時、内容、料金等は都合により変更されることがあります。

 

● 洛 東 ●

京都国立博物館

特別展
(みやこ)のかたな 匠のわざと雅のこころ

9月29日(土)〜11月25日(日)

     現存する京都=山城系鍛冶の作品のうち、国宝指定作品17件と、著名刀工の代表作を中心に展示し、平安時代から平成にいたる山城鍛冶の技術系譜と、刀剣文化に与えた影響を探ります。また、武家文化だけでなく、公家・町衆を含めた京文化の中で、刀工たちが果たした役割に迫ります。
     
  • 料 金
     一般 1,500円/大学生 1,200円/高校生 700円/中学生以下 無料

 

【京都国立博物館】東山区茶屋町
市バス100・206・208「博物館三十三間堂前」
9時30分〜18時(金・土曜は〜20時) ※入館は閉館30分前まで
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)
TEL 075(525)2473(テレホンサービス)

ページの上部へ

 

京都国立近代美術館

没後50年 藤田嗣治展

10月19日(金)〜12月16日(日)

     日本人として世界に生きた画家、藤田嗣治(1886〜1968)の没後50年を記念する大回顧展。藤田の代名詞ともいえる「乳白色の下地」による裸婦の代表作が一堂に会するのみならず、初来日となる作品や、従来あまり紹介されてこなかった作品も展示します。
     
  • 料 金 
    一般 1,500円/大学生 1,100円/高校生 600円/中学生以下無料

 

【京都国立近代美術館】左京区岡崎円勝寺町
市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
9時30分〜18時(金・土曜は〜20時) ※入館は閉館30分前まで
休館日 毎月曜(但し祝祭日開館)
TEL 075-761-4111

ページの上部へ

 

細見美術館

日文研コレクション
描かれた「わらい」と「こわい」展-春画・妖怪画の世界-

10月16日(火)〜 12月9日(日)

 「わらい」と「こわい」という一見相反するテーマのもと、国際日本文化研究センター(日文研)所蔵の妖怪画・春画コレクションをながめ、恐怖と笑いが地続きで繋がる前近代の豊かな日常をお楽しみください。

  • 料 金 1,500円(一般)、 18歳未満入館不可

【細見美術館】左京区岡崎最勝寺町 
市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
10時〜18時(入館は17時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)
TEL 075(752)5555

ページの上部へ

泉屋博古館(せんおくはくこかん)

フルーツ&ベジタブルズ ―東アジア 蔬果図の系譜 

11月3日(土・祝)〜12月9日(日)

 中国から朝鮮、日本、そして中世から近代にわたる蔬果表現の変遷をたどります。若冲と呉春、18世紀京都を代表する2人の画家の「野菜図巻対決」もお見逃しなく!

  • 料 金 一般 800円/高大生 600円/小中生 350円

【泉屋博古館】

市バス5「東天王町」 ・ 市バス100「宮ノ前町」

10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)
TEL 075-771-6411

ページの上部へ

 

 

京都文化博物館

特別展 明治150年記念
華ひらく皇室文化 ― 明治宮廷を彩る技と美

10月2日(火)〜11月25日(日)

 2018年は、明治改元から150年にあたり、これを記念して明治期の華やかな皇室文化をテーマに特別展を開催します。

  • 料 金 1,400円(一般)、1,000円(高大生)、500円(小中生)

【京都文化博物館】中京区三条高倉
地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」
10時〜19時30分 
 ※特別展は10時〜18時(金曜日は19時30分まで)     
 ※入室はいずれも閉室30分前まで
休館日 毎月曜
TEL 075(222)0888

ページの上部へ

京都国際マンガミュージアム

ニャンコ先生とふりかえる
夏目友人帳 記憶(おもいで)展

9月1日(土)〜11月4日(日)

 原作マンガ15周年、アニメ化10周年を記念し、TVアニメ「夏目友人帳」シリーズ及び9月29日に公開される劇場アニメ「劇場版 夏目友人帳 〜うつせみに結ぶ〜」の制作資料を集めた展覧会を行います。

  • 料 金 800円(一般)、300円(中高生)、100円(小学生)

【京都国際マンガミュージアム】中京区烏丸通御池上ル
地下鉄烏丸線「烏丸御池」
10時〜18時(入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎水曜(祝日の場合翌日)
TEL 075(254)7414

ページの上部へ

北村美術館

秋季特別展
茶道具取合展「五色の秋」

9月8日(土)〜12月2日(日)

  • 料 金 600円(一般)、400円(学生)

【北村美術館】上京区河原町今出川下ル一筋目東入梶井町
市バス17・205「河原町今出川」
10時〜16時(入館は15時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)※11月12日は開館
TEL 075(256)0637

ページの上部へ

相国寺承天閣美術館

温故礼賛 百花繚乱 相国寺文化圏

10月13日(土)〜12月24日(月・休)

 

  • 料 金 
    800円(一般)、600円(65歳以上・大学生)、300円(中高生)、200円(小学生)

【相国寺承天閣美術館】上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町
地下鉄烏丸線「今出川」
10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 会期中無休
TEL 075(241)0423

ページの上部へ

■ 能・狂言・コンサート

 

京都観世会館

京都観世会11月例会

11月25日(日) 11時〜

演 目
演目 能「敦盛」「富士太鼓」「大会」/狂言「千鳥」/仕舞

  • 料 金 6,000円(一般前売)、3,000円(学生)

【京都観世会館】左京区岡崎円勝寺町 
市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
TEL 075(771)6114

ページの上部へ

金剛能楽堂

金剛定期能

11月25日(日) 13時30分〜

演 目 能「蝉丸」「女郎花」/狂言「狐塚」/仕舞

  • 料 金 5,500円(一般前売)、3,000円(学生)

【金剛能楽堂】上京区烏丸通中立売上ル 
地下鉄烏丸線「今出川」
TEL 075(441)7222

ページの上部へ

ギア専用劇場(ART COMPLEX 1928)

ノンバーバルパフォーマンス
『ギア〜GEAR〜』

月・水・金・土 14時〜、19時〜 5日・7日は休み
日・祝 12時〜、17時〜

 言葉を使わないコンプレックス(=複合)・エンターテイメント。大人も子どもも国籍も超えて楽しめる、90分100席限定の衝撃体験。

  • 料 金
      4,200円(一般)、3,200円(学生・60歳以上)、2,200円(小中高生)
     (いずれも前売)

【ギア専用劇場 ART COMPLEX 1928】中京区三条通御幸町東南角
市バス17・205「河原町三条」、京阪「三条」、阪急「河原町」
TEL 0120(937)882

ページの上部へ

よしもと祇園花月

よしもと祇園花月 本公演

平日1回公演 12時30分〜
土日祝2回公演 12時30分〜、15時30分〜    
※祇園をどり開催期間(11月1日〜10日)は、よしもと祇園花月の公演はありません。

 豪華出演者による漫才・落語等と京都オリジナルな「祇園吉本新喜劇」の「本公演」を毎日上演。祇園ならではのええとこどりのお笑いと風情が楽しめる110分!

  • 料 金(前売)
      本公演 3,700円

【よしもと祇園花月】東山区祇園町北側 祇園会館内
市バス18・100・206「祇園」、京阪「祇園四条」、阪急「河原町」
お問い合わせ:TEL 0570(550)100

ページの上部へ