京都イベント情報6ヶ月

※掲載されている情報は変更される場合がありますので事前にご確認下さい。

美術館・博物館

美術館・博物館

能・狂言・劇場・コンサート

ピックアップ

もみじ祭 

  

主な紅葉の見処

 

夜間特別拝観と紅葉ライトアップ

秋の特別展・特別公開

 

京都非公開文化財特別公開

リンク集

  • 高雄もみぢ堂
  • 京都 炭屋旅館
  • ハトヤ
  • 渓山閣
  • 旅館こうろ
  • 嵐山辨慶
  • 松井本館
  • 平新
  • 加茂川館
  • 嵐山温泉 渡月亭
  • 京小町
  • ホテル 東山閣
  • 京都 嵐山温泉 旅館 彩四季の宿「花筏」
  • 旅館 元奈古
  • ホテル 花園会館
  • アーバンホテル 京都二条
  • ページの上部へ

11月の情報

美術館・博物館

■ 美術館・博物館 

 ※日時、内容、料金等は都合により変更されることがあります。

 

● 洛 東 ●

京都国立博物館

特別展 流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美

10月12日(土)〜 11月24日(日)

 大正、昭和、平成の世を越え伝えられた、秘宝中の秘宝。平安・鎌倉時代に花開いた王朝美術の名品とあわせて、「佐竹本三十六歌仙絵」と、それを生んだ宮廷文化が放つ、最高の美の世界をご堪能ください。

  • 料 金 1,600円(一般) 1,200円(大学生)   700円(高校生)

 

【京都国立博物館】東山区茶屋町
市バス100・206・208「博物館三十三間堂前」
9時30分〜18時(金・土曜は〜20時) ※入館は閉館30分前まで
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)
TEL 075(525)2473(テレホンサービス)

ページの上部へ

細見美術館

琳派展21
没後200年 中村芳中

10月26日(土)〜 12月22日(日)

 江戸後期に大坂を中心に活動した琳派の絵師、中村芳中(?~1819)を特集。文人画風の作品を手掛けていた芳中は、江戸中期の尾形光琳に触発され、江戸で『光琳画譜』を刊行して注目されました。同展では様々な作品を通して芳中のほのぼのと愛らしい世界を紹介します。

  • 料 金 1,400円(一般)、1,100円(学生)

【細見美術館】左京区岡崎最勝寺町 
市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
10時〜18時(入館は17時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)
TEL 075(752)5555

中村芳中
『花弁図画帖』より「七月 芥子」(部分)
中村芳中  

ページの上部へ

清水三年坂美術館

帝室技芸員の仕事 彫刻編

8月24日(土)〜11月17日(日)

 明治期を代表する彫刻界の二大巨匠、高村光雲(1852-1934)と石川光明(1852-1913)の作品を中心に帝室技芸員を務めた竹内久一や山崎朝雲の作品なども展示。近代彫刻の精華の数々をどうぞお楽しみください。

  • 料 金 800円(一般)、500円(中高大生)、300円(小学生)

【清水三年坂美術館】東山区清水3丁目 
市バス206・207・100「清水道」
10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜・火曜(祝日開館)
TEL 075(532)4270

ページの上部へ

泉屋博古館(せんおくはくこかん)

企画展
花と鳥の四季―住友コレクションの花鳥画(仮)

10月26日(土)〜12月8日(日)

 住友コレクションより、伊藤若冲、椿椿山はじめ江戸時代に京や江戸で活躍した画家の花鳥画を紹介します。また彼らの表現の源ともなった中国明清時代の花鳥画もあわせて展示します。

  • 料 金 一般 800円/高大生 600円/小中生 350円

【泉屋博古館】

市バス5「東天王町」 ・ 市バス100「宮ノ前町」

10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)
TEL 075-771-6411

ページの上部へ

霊山歴史館

勝海舟没後120年
龍馬と勝海舟をめぐる人々

10月2日(水)〜1月26日(日)

 2019年、勝海舟の没後120年を迎えました。「日本の海軍」を開設したいと動き出した勝海舟と、勝の元で奔走した坂本龍馬、そしてその二人を取り巻く人々や新選組の資料も加え、当時の実像に迫ります。

  • 料 金 900円(大人)、500円(高大生)、300円(小中生)

【霊山歴史館】東山区清閑寺霊山町 
市バス100・206「清水道」「東山安井」
10時〜17時30分(入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日) 12月31日(火)、1月1日(水)
TEL 075(531)3773

ページの上部へ

 

● 洛 中 ●

京都文化博物館

みんなのミュシャ  ミュシャからマンガへ
―線の魔術

10月12日(土)〜令和2年1月13日(日)

 アール・ヌーヴォーを代表する芸術家、ミュシャが手がけた華やかなポスターのほか、ミュシャの作品から強い影響をうけた日本の明治期の文芸誌、1960年代を中心にアメリカ西海岸やロンドンで一大ムーブメントを巻き起こしたグラフィック・アート作品、日本のマンガ家やイラストレーターの作品などを展示します。

  • 料 金  1,500円(大人)、1,200円(高大生)、500円(小中生)

【京都文化博物館】中京区三条高倉
地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」
10時〜19時30分
 ※特別展は10時〜18時(金曜日は19時30分まで)
 ※入室はいずれも閉室30分前まで
休館日 毎月曜
TEL 075(222)0888

文化博物館 
アルフォンス・ミュシャ 《ヒヤシンス姫》
1911年 カラーリトグラフ
ミュシャ財団蔵(C)Mucha Trust2019

ページの上部へ

大西清右衛門美術館

秋季企画展
露冴ゆるころ 〜秋から冬の釜と茶道具〜

9月7日(土)〜12月15日(日)

 朝晩めっきりと冷え込む秋のはじめ。草々におく白露のきらめきは、さわやかな季節の訪れを知らせます。やがて秋も深まり、虫の音もまばらになるころ。露の冷たさは日に日に肌寒くさえ感じられます。いつしか露が霜に変わり、火の温もりが恋しくなると・・・
 秋から冬への移ろいの中で、心ゆるす客人に差し上げたい一服のお茶を思い、大西家の所蔵の中から釜と茶道具を選んで展観します。

 
  • 料 金 900円(一般 )  700円(大学生)  400円(高校生)
    中学生以下無料

【大西清右衛門美術館】中京区三条通新町西入釜座町
地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」
10時〜16時30分(入館は16時まで)
毎月曜(祝日のときは翌平日休館)
TEL 075(221)2881

ページの上部へ

京都市平安京創生館

企画展
宮廷社会の食文化

6月15日(土)〜12月1日(日)

 平安時代、貴族たちにとって年中行事は,最も大切な生活サイクルでした。 政治から仏事・神事、民間習俗にいたるまで,一年を通して行われていた年中行事について紹介します。


同時開催!!
めでたき舞 ―御即位によせて―

 本年5月に元号が『令和』に改元され、11月14日・15日には一代に 一度きりの重要な儀式「大嘗祭」が行われます。平成2年の大嘗祭後、大饗(宴会)にて披露された「舞楽・萬歳楽」と「五節舞姫」を取り上げ、紹介します。

  • 料 金 無料

【京都市平安京創生館】中京区丸太町 
生涯学習総合センター (京都アスニー)1階
地下鉄「丸太町」で乗換 市バス15・93・202・204「丸太町七本松」
10時〜17時
休館日 毎火曜(祝日のときは翌平日休館)
TEL 075(812)7222



京都市平安京創生館

京都市平安京創生館

ページの上部へ

京都市考古資料館

京都市考古資料館創立40周年/ICOM京都大会開催記念
令和元年度前期特別展示

御土居  洛中洛外のはざま
   −御土居跡(西九条周辺)出土品を中心として−

 これまでに行なわれてきた御土居跡についての発掘調査の成果を絵図や写真パネルで紹介するとともに、市有形文化財「御土居跡(西九条周辺)出土品」を中心とした出土遺物などを展示して、洛中と洛外のはざまである御土居周辺に住む人々の暮らしの様子を紹介します。

10倍!! 愉しむためのミニ講演会
各日とも14時~(開場は13時30分、1時間程度) 会場:3階旧貴賓室
9月21日(土)「御土居出土の漆器からみた京都」
北野信彦(龍谷大学文学部教授)
10月19日(土)「御土居からあらわれた木簡」
 井上幸治(京都市歴史資料館)
11月9日(土)「出土資料からみた京都の紡織」
黒須亜希子(京都市文化財保護課)

  • 料 金 無料

 

【京都市考古資料館】上京区今出川通大宮東入元伊佐町 
市バス59・101・102・201・203「今出川大宮」
9時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)
TEL 075(432)3245




考古資料館

ページの上部へ

茶道資料館

《茶道資料館開館40周年・今日庵文庫開館50周年記念特別展U》
『三冊名物記』
−知られざる江戸の茶道具図鑑−

10月3日(木)〜12月8日(日)

  大給松平乗邑(おぎゅうまつだいらのりさと・1686〜1746年)が編著に関わったとされる『三冊名物記』には、三百数十点の茶道具が彩色図入りで紹介されています。同展では、今日庵文庫本をはじめ異系統の写本十点を紹介。伝世する名物茶道具と対比させながら、仕覆や箱といった「次第」も併せてご覧いただきます。

  • 料 金 1,000円(一般)、600円(大学生)、350円(中高生)、小学生以下 無料

【茶道資料館】上京区堀川通寺之内上ル 裏千家センター内
市バス9「堀川寺ノ内」、地下鉄烏丸線「鞍馬口」
9時30分〜16時30分(入館と呈茶は16時まで)
休館日 毎月曜(祝日と11月11日は開館)
    ※10月15日、11月5日・6日休館
TEL 075(431)6474

ページの上部へ

 

 

● 洛 北 ●

 

京都府立堂本印象美術館

堂本印象美術館に川端龍子がやってくる
デコラティブな美術館 vs 大迫力の日本画
(仮称)

10月12日(土)〜11月24日(日)

 東京で活躍した日本画家・川端龍子(1885-1966)が京都を舞台に描いた作品を紹介するとともに、龍子が主宰した青龍社に所属した京都ゆかりの作家にも注目して展示します。
料 金 500円(大人)、400円(高大生)、200円(小中生)

【京都府立堂本印象美術館】北区平野上柳町 
市バス15・50・59「立命館大学前」
9時30分〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)、12月28日〜1月4日
TEL 075(463)0007

ページの上部へ

 

● 洛 西 ●

嵯峨嵐山文華館(旧・時雨殿)

夢二のてしごと展

10月26日(土)〜1月13日(月・祝)

 「セノオ楽譜」など貴重な原画をはじめ、夢二の多才ぶりを感じる作品を多数展示いたします。初期から晩年までの夢二の幅広い「てしごと」をお楽しみください。

  • 料 金 900円(一般・大学生)、500円(高校生)、300円(小中生)

【嵯峨嵐山文華館】右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町
地下鉄東西線「太秦天神川」より嵐電「嵐山」、またはJR「嵯峨嵐山」
10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎火曜 年末年始
TEL 075(882)1111



夢二てしごと

ページの上部へ

■ 能・狂言・コンサート

 

京都観世会館

京都観世会11月例会

11月24日(日) 11時〜

演 目
演目 能「菊慈童」「井筒」「安達原」/狂言「狐塚」/仕舞

  • 料 金 6,000円(一般前売)、3,000円(学生)

【京都観世会館】左京区岡崎円勝寺町 
市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
TEL 075(771)6114

ページの上部へ

金剛能楽堂

金剛定期能

11月24日(日) 13時30分〜

演 目 能「江口」「大蛇」/狂言/仕舞

  • 料 金 5,500円(一般前売)、3,000円(学生)

【金剛能楽堂】上京区烏丸通中立売上ル 
地下鉄烏丸線「今出川」
TEL 075(441)7222

ページの上部へ

ギア専用劇場(ART COMPLEX 1928)

ノンバーバルパフォーマンス
『ギア〜GEAR〜』

平日 14時〜、19時〜
土・日・祝 13時〜、18時〜

 言葉を使わないコンプレックス(=複合)・エンターテイメント。大人も子どもも国籍も超えて楽しめる、90分100席限定の衝撃体験。

  • 料 金
      4,800円(一般)、3,800円(学生・60歳以上)、2,800円(小中高生)
     ※いずれも通常席(前売)

【ギア専用劇場 ART COMPLEX 1928】中京区三条通御幸町東南角
市バス17・205「河原町三条」、京阪「三条」、阪急「河原町」
TEL 0120(937)882

ページの上部へ