京都イベント情報6ヶ月

※掲載されている情報は変更される場合がありますので事前にご確認下さい。

ピックアップ

京の夏の旅 

秋の特別展・特別公開

秋風さわやか〜 名残りの床

 

季節の花

萩まつり

 

秋おすすめの催し

 

初秋の花 萩の見処

 

秋明菊

 

芙蓉

 

秋海棠

リンク集

  • 渓山閣
  • 旅館こうろ
  • 嵐山辨慶
  • 松井本館
  • 平新
  • 加茂川館
  • 嵐山温泉 渡月亭
  • 京小町
  • ホテル 東山閣
  • 京都 嵐山温泉 旅館 彩四季の宿「花筏」
  • 旅館 元奈古
  • ホテル 花園会館
  • アーバンホテル 京都二条
  • 高雄もみぢ堂
  • 京都 炭屋旅館
  • ハトヤ
  • ページの上部へ

9月の情報

美術館・博物館

■ 美術館・博物館

京都国立博物館

ICOM京都大会開催記念 特別企画
京博寄託の名宝

8月14日(土)〜 9月16日(月・祝)

 同館に収蔵される6200余件もの寄託品の中から、選りすぐりの名品を展示します。

  • 料 金 未定

【京都国立博物館】東山区茶屋町
市バス100・206・208「博物館三十三間堂前」
TEL 075(525)2473(テレホンサービス)

ページの上部へ

京都文化博物館

特別展

COM京都大会開催記念 東京富士美術館所蔵

百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展

8月25日(木)〜9月29日(日)

 絵画、浮世絵版画、漆工、刀剣、武具甲冑などの多彩な作品群を通して、日本美術の豊かさに触れる絶好の機会となるでしょう。

  • 料 金 一般1,200円、大高生800円、中小生400円

【京都文化博物館】中京区三条高倉
地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」
10時〜19時30分
 ※特別展は10時〜18時(金曜日は19時30分まで)
 ※入室はいずれも閉室30分前まで
休館日 毎月曜(祝日の場合は開館、ただし9月2日は臨時開館)
TEL 075(222)0888

ページの上部へ

京都府立堂本印象美術館

堂本印象 ほとけを描く
ほとけを愛でる印象コレクションの秘仏初公開・
まぼろしの四天王寺宝塔の仏画

5月29日(水)〜9月23日(月・祝)

 堂本印象の仏画の代表作である四天王寺宝塔の下絵を展示するとともに、関連する仏画も展観し、印象が宝塔仏画を描いた軌跡をたどります。また今回特別に平安〜鎌倉時代の印象旧蔵の仏像を初公開します。

同時開催「京都現代作家展12 渡辺信喜 藤井智美 写生と本画」
7月30日(火)〜9月23日(月・祝)

  • 料 金 500円

【京都府立堂本印象美術館】北区平野上柳町 
市バス15・50・59「立命館大学前」
9時30分〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)、12月28日〜1月4日
TEL 075(463)0007

ページの上部へ

京都国際マンガミュージアム

竹宮惠子
カレイドスコープ 50th Anniversary

4月27日(土)〜9月8日(日)

 「風と木の詩」「地球へ・・・」などで知られ、京都精華大学国際マンガ研究センターのセンター長もつとめるマンガ家・竹宮惠子の画業50周年を振り返る展覧会を開催します。

  • 料 金 800円(一般)、300円(中高生)、100円(小学生)

【京都国際マンガミュージアム】中京区烏丸通御池上ル
地下鉄烏丸線「烏丸御池」
10時〜18時 ※9月15日・16日は20時まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎水曜、6月11日、13日  ※7月11日〜8月27日は無休
TEL 075(254)7414

ページの上部へ

相国寺承天閣美術館

言祝(ことほ)ぎの美―寺宝でつづる吉祥

二期:7月6日(土)〜9月16日(月・祝)

 新たな天皇の御代をことほぐこの年、皇室ゆかりの宝物をとりまぜ、相国寺、金閣、銀閣の名品で祝いの展示をします。

  • 料 金 800円(一般)、600円(65歳以上・大学生)、300円(中高生)
    200円(小学生)

【相国寺承天閣美術館】上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町
地下鉄烏丸線「今出川」
10時〜17時(入館は16時30分まで)
TEL 075(241)0423

ページの上部へ

泉屋博古館

住友財団修復助成30年記念
文化財よ、永遠に

9月6日(金)〜10月14日(月・祝)

 住友財団文化財修復助成によって近年よみがえった国宝や重文を含む文化財を展示し、その修理の最前線を紹介します

  • 料 金 800円

【泉屋博古館】左京区鹿ヶ谷
市バス32・100「宮ノ前町」
10時30分〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌日)
TEL 075(771)6411

ページの上部へ

野村美術館

秋季特別展
見て、知って、楽しむ 茶碗の世界

前期:8月31日(土)〜10月14日(月・祝)
後期:10月16日(水)〜12月1日(日)

 前期・後期で全面的な展示替えを行います。

  • 料 金 800円

【野村美術館】左京区南禅寺下河原町
市バス5「南禅寺・永観堂道」
10時〜16時30分(入館は16時まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌日)
TEL 075(751)0374

ページの上部へ

美術館「えき」KYOTO

ショーン・タンの世界
どこでもないどこかへ

9月21日(土)〜10月14日(月・祝)

  • 料 金 未定

【美術館「えき」KYOTO】下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
市バス4・5・205・208「京都駅前」、JR・近鉄・地下鉄「京都」
10時〜20時(入館は閉館の30分前まで)
休館日 会期中無休
TEL 075(352)1111

ページの上部へ

細見美術館

レスコヴィッチコレクション
広重・北斎とめぐるNIPPON

8月27日(火)〜10月20日(日)

 ポーランド人の浮世絵コレクター、ジョルジュ・レスコヴィッチ氏所蔵の、渓斎英泉と歌川広重が分担して描いた初摺の「木曾街道六拾九次」全図などを紹介。美術館にいながら日本の名所をめぐり、さらには鈴木春信や喜多川歌麿の美人画、東洲斎写楽の役者絵などを通して、粋な江戸の雰囲気をお愉しみください。

  • 料 金 1,500円(一般)、1,000円(学生)、中学生以下無料

【細見美術館】左京区岡崎最勝寺町 
市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
10時〜18時(入館は17時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌日)
TEL 075(752)5555



レスコヴィッチ
歌川広重「京都名所之内 金閣寺」  

ページの上部へ

大西清右衛門美術館

秋季企画展

9月上旬〜12月上旬(予定)

  • 料 金 未定

【大西清右衛門美術館】中京区三条通新町西入釜座町
地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」
10時〜16時30分(入館は16時まで)
毎月曜(祝日のときは翌平日休館)
TEL 075(221)2881

ページの上部へ

樂美術館

秋期特別展
樂歴代 魂を映じて

8月24日(土)〜12月24日(火)

 450年にわたり貫かれてきた「The Soul」。また、時代の中で新たな創造性を導いてきた「The Soul」。樂茶碗の中に大切に受け継がれてきた「The Soul」に焦点をあてた展覧会です。

  • 料 金 一般1,000円  大学生800円  高校生400円  中学生以下無料

【樂美術館】上京区油小路通中立売上ル 
市バス9・50「堀川中立売」
10時〜16時30分(入館は16時まで)
休館日 毎月曜(祝日と9月2日は開館)  TEL 075(414)0304

ページの上部へ

博物館 さがの人形の家

秋季展 『お話の中の人形たち』展

9月14日(土)〜12月15日(日)

 古典文学・日本民話・昔話、に登場する人物(桃太郎・浦島太郎・金太郎など)、歴史の中の人物(義経・秀吉・在原業平など)及び能又は歌舞伎の中の人物(小鍛冶・俵藤太・梅王丸など)を展示します。

  • 料 金 800円(一般)、500円(中高生)、200円(小学生)

【博物館 さがの人形の家】右京区嵯峨鳥居本仏餉田町
市バス28「嵯峨釈迦堂前」、JR嵯峨野線「嵯峨嵐山」
10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)
TEL 075(882)1421

ページの上部へ

アサヒビール大山崎山荘美術館

ジョアン・ミロの彫刻
―夏のアサヒビール大山崎山荘美術館コレクション

6月22日(土)〜9月1日(日)

 同館所蔵の彫刻作品14点を一挙に公開するとともに、絵画作品も加え、「鳥」、「女性」、「人物」などとりわけ作家が好んだ主題について掘り下げながら、いきいきとしたミロの芸術の魅力をご紹介いたします。

  • 料 金 900円(一般)、500円(高大生)、中学生以下無料


東山魁夷のスケッチ―欧州の古き町にて

9月14日(土)〜12月1日(日)

  • 料 金 900円(一般)、500円(高大生)、中学生以下無料

【アサヒビール大山崎山荘美術館】乙訓郡大山崎町字大山崎小字銭原
JR京都線「山崎」、阪急京都線「大山崎」
10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌日)、年末年始 
TEL 075(957)3123(総合案内)

ページの上部へ

霊山歴史館

2019年リニューアル特別展
激闘!!新選組 第2期

7月30日(火)〜9月29日(日)

 新選組とその周辺人物の実像に迫る展覧会。資料から各地で激闘を繰り広げた新選組の活躍に触れていただきます。

  • 料 金 900円(一般)、500円(高大生)、300円(小中生)

【幕末維新ミュージアム 霊山歴史館】東山区清閑寺霊山町 
市バス100・206「清水道」
10時〜17時30分(7月20日〜8月31日は〜18時30分)(入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌日) 
      ※7月15日、22日及び8月中の月曜日はは開館
TEL 075(531)3773

ページの上部へ

龍谷ミュージアム

企画展 「龍谷の至宝」
(シリーズ展5併設「仏教の思想と文化 ―インドから日本へ― 」)

7月13日(土)〜9月11日(日) 10時〜17時

  • 料 金 大人 500円/大学生・シニア(65歳以上) 400円/高校生 300円


  • 秋季特別展
    「日本の素朴絵 ―ゆるい、かわいい、楽しい美術―」

    9月21日(土)〜11月17日(日) 10時〜17時

    • 料 金 未定

    【龍谷ミュージアム】下京区西中筋通正面下る丸屋町 
    市バス9「西本願寺前」
    TEL 075(351)2500

ページの上部へ

古典の日記念 京都市平安京創生館

企画展
宮廷社会の食文化

6月15日(土)〜12月1日(日)

 平安時代,貴族たちにとって年中行事は、最も大切な生活サイクルでした。 政治から仏事・神事、民間習俗にいたるまで、一年を通して行われていた年中行事について紹介します。


同時開催!!
めでたき舞 ―御即位によせて―

 本年5月に元号が『令和』に改元され、11月14日・15日には一代に 一度きりの重要な儀式「大嘗祭」が行われます。平成2年の大嘗祭後、大饗(宴会)にて披露された「舞楽・萬歳楽」と「五節舞姫」を取り上げ、紹介します。

  • 料 金 無料

【古典の日記念 京都市平安京創生館】中京区丸太町 
生涯学習総合センター (京都アスニー)1階
地下鉄「丸太町」で乗換 市バス93・202・204「丸太町七本松」
10時〜17時
休館日 毎火曜(祝日の場合翌日)
TEL 075(812)7222



京都市平安京創生館
【企画展】めでたき舞

ページの上部へ

京都市考古資料館

京都市考古資料館創立40周年/ICOM京都大会開催記念
令和元年度前期特別展示

御土居  洛中洛外のはざま
   −御土居跡(西九条周辺)出土品を中心として−

 これまでに行なわれてきた御土居跡についての発掘調査の成果を絵図や写真パネルで紹介するとともに、市有形文化財「御土居跡(西九条周辺)出土品」を中心とした出土遺物などを展示して、洛中と洛外のはざまである御土居周辺に住む人々の暮らしの様子を紹介します。

10倍!! 愉しむためのミニ講演会
各日とも14時~(開場は13時30分、1時間程度) 会場:3階旧貴賓室
9月21日(土)「御土居出土の漆器からみた京都」
北野信彦(龍谷大学文学部教授)
10月19日(土)「御土居からあらわれた木簡」
 井上幸治(京都市歴史資料館)
11月9日(土)「出土資料からみた京都の紡織」
黒須亜希子(京都市文化財保護課)

  • 料 金 無料

 

【京都市考古資料館】上京区今出川通大宮東入元伊佐町 
市バス59・101・102・201・203「今出川大宮」
9時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)
TEL 075(432)3245




考古資料館

ページの上部へ

京都市学校歴史博物館

番組小学校の軌跡―京都の復興と教育・学区―
その2 拡張

8月1日(木)〜9月23日(月・祝)

 2019年は番組小学校創設150周年のメモリアルイヤー。「その2」となる今回の期間には,1869年(明治2年)の8月から9月の間に開校式を行った16の学校にスポットライトを当て、その軌跡の「拡張」の局面を浮き彫りにします。

  • 料 金 200円(大人)、100円(小中高生)

【京都市学校歴史博物館】下京区御幸町 
市バス4・5・17・205「四条河原町」、阪急「河原町」
9時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎水曜(祝日の場合は翌平日)・12月28日〜1月4日
TEL 075(344)1305


京都市学校歴史博物館
中村大三郎 《紫式部》 昭和初期

ページの上部へ

■ 能・狂言・コンサート

 

京都観世会館

京都観世会9月例会

9月22日(日)11時〜

演 目
     能「錦木」「三井寺」「天鼓」/狂言「舎弟」/仕舞

  • 料 金 6,000円(一般前売)、3,000円(学生)

【京都観世会館】左京区岡崎円勝寺町 
市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
TEL 075(771)6114

ページの上部へ

金剛能楽堂

金剛定期能

9月22日(日) 13時30分〜

演 目
     能「小督」「唐船」/狂言/仕舞

  • 料 金 5,500円(一般前売)、3,000円(学生)

【金剛能楽堂】上京区烏丸通中立売上ル 
地下鉄烏丸線「今出川」
TEL 075(441)7222

ページの上部へ

ギア専用劇場(ART COMPLEX 1928)

ノンバーバルパフォーマンス
『ギア〜GEAR〜』

月水金 14時〜、19時〜
土日祝 13時〜、18時〜

 言葉を使わないコンプレックス(=複合)・エンターテイメント。大人も子どもも国籍も超えて楽しめる、90分100席限定の衝撃体験。

  • 料 金
      4,200円(一般)、3,200円(学生・60歳以上)、2,200円(小中高生)
     ※いずれも前売

【ギア専用劇場 ART COMPLEX 1928】中京区三条通御幸町東南角
市バス17・205「河原町三条」、京阪本線「三条」、阪急京都線「河原町」
TEL 0120(937)882

ページの上部へ