京都イベント情報6ヶ月

※掲載されている情報は変更される場合がありますので事前にご確認下さい。

美術館・博物館

美術館・博物館  

リンク集

  • 嵐山辨慶
  • 松井本館
  • 平新
  • 加茂川館
  • 嵐山温泉 渡月亭
  • 京小町
  • ホテル 東山閣
  • 京都 嵐山温泉 旅館 彩四季の宿「花筏」
  • 旅館 元奈古
  • ホテル 花園会館
  • アーバンホテル 京都二条
  • 高雄もみぢ堂
  • 京都 炭屋旅館
  • ハトヤ
  • 渓山閣
  • 旅館こうろ
  • ページの上部へ

1月の情報

美術館・博物館

■ 美術館・博物館

 

● 洛 中 ●

京都文化博物館

みんなのミュシャ
ミュシャからマンガへ―線の魔術

10月12日(土)〜1月13日(月・祝)

 

 アール・ヌーヴォーを代表する芸術家、ミュシャが手がけた華やかなポスターのほか、ミュシャの作品から強い影響をうけた日本の明治期の文芸誌、1960年代を中心にアメリカ西海岸やロンドンで一大ムーブメントを巻き起こしたグラフィック・アート作品、日本のマンガ家やイラストレーターの作品などを展示します。

  • 料 金 一般1,500円

【京都文化博物館】中京区三条高倉
地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」
10時〜19時30分 
※特別展は10時〜18時(金曜日は19時30分まで)
※入室はいずれも閉室30分前まで
休館日 毎月曜(祝日の場合は開館、翌日休館)
12月28日(土)〜1月3日(金)年末年始休館
TEL 075(222)0888

文化博物館
アルフォンス・ミュシャ 《ヒヤシンス姫》
1911年 カラーリトグラフ
ミュシャ財団蔵(C)Mucha Trust2019

ページの上部へ

京都佛立ミュージアム

宮沢賢治と日蓮展

7月13日(土)〜2月16日(日)

 日蓮聖人の御生誕800年を記念して、同企画展を開催します。賢治の思想の基礎に日蓮聖人の教学があること、またその教学の作品への影響を解き明かし、さらに賢治を通して日蓮聖人の生涯・思想を示すものです。

  • 料 金 無料

【京都佛立ミュージアム】
市バス50・101「北野天満宮前」
10時〜16時(土・日・祝は〜17時)(入場は閉場の30分前まで)
休館日 毎月曜(祝日、25日のときは翌平日休館)
    年末年始
TEL 075(288)3344

仏立ミュージアム

ページの上部へ

 

● 洛 東 ●

京都国立博物館

新春特集展示  子づくし ─干支を愛でる─

1月2日(木)〜2月2日(日)

 干支にちなんだ作品を紹介する特集展示の第5弾。十二支のトップバッターの登場です。大黒さんや俵とのコンビネーション、子の日の行事など、子年の美術をお楽しみください。


特集展示 京都御所障壁画 紫宸殿

1月2日(木)〜2月2日(日)

 京都御所 紫宸殿を飾っていた江戸時代後期の障子をご覧いただきます。


特集展示 神像と獅子・狛犬

1月2日(木)〜3月22日(日)

 仏教像とは一味違う神像や愛らしい獅子・狛犬たちをご覧ください。

  • 料 金 520円(一般)、260円(大学生)、高校生・18歳未満・70歳以上は無料

【京都国立博物館】東山区茶屋町
市バス100・206・208「博物館三十三間堂前」
TEL 075(525)2473(テレホンサービス)

ページの上部へ

京都市美術館 別館・みやこめっせ・日図デザイン博物館

改組 新 第6回 日展 京都展

12月14日(土)〜1月11日(土)

     日本最大規模の総合公募展「日展」の京都巡回展。日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門を設け、全国を巡回する基本作品と京都・滋賀の地元作品を展示。京都市美術館別館・みやこめっせ・日図デザイン博物館の3会場で開催します。

料 金 1,000円(一般)、600円(高校生・大学生)、中学生以下・市内在住の70歳以上は無料

【京都市美術館】左京区岡崎円勝寺町
市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
9時〜17時(入館は閉館30分前まで)
休館日 毎月曜(但し祝祭日開館)、12月28日〜1月2日
TEL 075(771)4107

ページの上部へ

霊山歴史館

勝海舟没後120年
龍馬と勝海舟をめぐる人々

10月2日(水)〜1月26日(日)

 2019年、勝海舟の没後120年を迎えました。「日本の海軍」を開設したいと動き出した勝海舟と、勝の元で奔走した坂本龍馬、そしてその二人を取り巻く人々や新選組の資料も加え、当時の実像に迫ります。

  • 料 金 900円(大人)、500円(高大生)、300円(小中生)

【霊山歴史館】東山区清閑寺霊山町 
市バス100・206「清水道」「東山安井」
10時〜17時30分(入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日) 12月31日(火)、1月1日(水)
TEL 075(531)3773


ページの上部へ

● 洛 西 ●

嵯峨嵐山文華館(旧・時雨殿)

夢二のてしごと展

10月26日(土)〜1月13日(月・祝)

 「セノオ楽譜」など貴重な原画をはじめ、夢二の多才ぶりを感じる作品を多数展示いたします。初期から晩年までの夢二の幅広い「てしごと」をお楽しみください。

  • 料 金 900円(一般・大学生)、500円(高校生)、300円(小中生)

【嵯峨嵐山文華館】右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町
地下鉄東西線「太秦天神川」より嵐電「嵐山」、またはJR「嵯峨嵐山」
10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎火曜 年末年始
TEL 075(882)1111

夢二てしごと

ページの上部へ