京都イベント情報6ヶ月

※掲載されている情報は変更される場合がありますので事前にご確認下さい。

ピックアップ

時代祭 

 

時代祭の日 併せて参観を楽しむ

秋の特別展・特別公開


  • 京都非公開文化財特別公開

  • ライトアップ&夜の特別拝観

     

    リンク集

    • 京都 炭屋旅館
    • 嵐山温泉 渡月亭
    • 平新
    • 旅館こうろ
    • 加茂川館
    • 松井本館
    • ハトヤ
    • 渓山閣
    • 京小町
    • ホテル 花園会館
    • アーバンホテル 京都二条
    • 嵐山辨慶
    • 京都 嵐山温泉 旅館 彩四季の宿「花筏」
    • 井筒八ッ橋
    • 高雄もみぢ家
    • 旅館 元奈古
    • ページの上部へ

    ※掲載情報は新型コロナウイルスの影響で変更になる場合があります

    10月の情報

    ピックアップ

    ■ 時代祭

     

    京の三大祭の掉尾(とうび) 2キロもの歴史の行列

    一大歴史風俗絵巻 時代祭  ※時代風俗行列は中止になりました

    10月22日(木)  雨天順延  御所出発12時

     新型コロナウイルス感染防止のため、時代風俗行列は中止となりました。(以下は例年の情報です)


     秋の都大路に繰り広げられる一大ページェント。行列は《激動の幕末》から始まります。鼓笛を響かせ整然と行進する維新勤王隊列を先頭に、江戸、安土桃山、吉野、室町、鎌倉、藤原、延暦の各時代の人物が彩りを添えつつ華やかなパレードを繰り広げる「時代祭」は、京都三大祭の一つです。
     総勢2000名(馬70頭、牛2頭、馬車、牛車なども含み)、総延長2キロにわたる行列の巡行は約2時間にも及ぶ一大歴史風俗絵巻。いながらにして日本の歴史が偲ばれ、その華やかさに魅了されます。
     時代祭の行列の見学には、出発場所の京都御苑と御池通、平安神宮道に設けられる有料観覧席をおすすめいたします。

    京都御所出発
    正午頃

    烏丸御池
    12時50分頃

    平安神宮着
    14時20分頃
     総延長2キロの行列は12時に御所を出発。丸太町通を西へ、烏丸通から御池通に至り、河原町通、三条通を経て、神宮道に入り、平安神宮へ到達します。沿道ではどこでも行列を見学できますが、ゆっくりと観賞できる観覧席が、京都御苑、御池通、平安神宮道に設けられます。
    時代祭行列は有料観覧席で!
    時代祭をゆっくりとご覧いただける観覧席をぜひご利用ください。
    1席 2,500円 (全席指定・パンフレット付)
    <観覧席設置場所> 京都御苑・御池通・平安神宮道
    お申し込み・お問い合わせ先

    【9月上旬頃より販売(予定)】
    全国のJTB、近畿日本ツーリストの主な支店、営業所、
    ローソンなどで販売します。
    【 お問い合わせ 】
    京都市観光協会 TEL 075-213-1717



    行列の主な顔ぶれ
    維新勤王隊列 丹波の郷士からなる官軍派の山国隊
    幕末志士列 桂小五郎・坂本龍馬・中岡慎太郎など
    徳川城使上洛列 近世武家風俗を代表する城使の列
    江戸時代婦人列 皇女和宮・蓮月尼・吉野太夫など
    豊公参朝列 牛車など参内する豊臣秀吉の行装
    織田公上洛列 織田信長・羽柴秀吉・柴田勝家など
    室町時代列
    (幕府執政列・洛中風俗列)
    足利将軍を中心とした幕府執政列、風流踊りを再現した洛中風俗列
    楠公上洛列 楠木正成・正季などの甲冑姿
    中世婦人列 大原女・桂女・阿仏尼・静御前など
    城南流鏑馬列 城南離宮で行われた流鏑馬の装束
    藤原公喞参朝列 平安時代の文官・武官の夏装束
    平安時代婦人列 紫式部・清少納言・小野小町など
    延暦武官行進列 坂上田村麻呂の出陣の行装
    延暦文官参朝列 平安時代の公卿の朝廷参内の装束
    白川女献花列 花を頭に載せて売り歩く白川女の列

    ページの上部へ

    時代祭の日 併せての参観を楽しむ

    閑院宮邸跡(かんいんのみやていあと)収納展示館
    月曜日・年末年始をのぞく 9時〜16時30分(受付終了16時)

     四親王家の一つ、閑院宮家の屋敷跡。京都御苑の自然や歴史を学べる収納展示室と庭園を公開。

    • 料 金 無料

    【京都御苑】上京区京都御苑 地下鉄烏丸線「丸太町」
    お問い合わせ:(財)国民公園協会京都御苑TEL 075(211)6364

    ページの上部へ

    旧九条家遺構 拾翠亭(茶室)(しゅうすいてい)
    年末、年始を除く毎週木・金・土曜日  9時30分〜15時30分(受付終了15時15分)
    及び葵祭・時代祭の日

     五摂家の一つ九条家が茶会の離れとして使用し、内部には十畳と三畳の茶室が今も残されています。簡素な中にも優美な外観を呈し、現存する公家屋敷の数少ない遺構です。

    • 料 金 100円(高校生以上)

    【京都御苑】上京区京都御苑 地下鉄烏丸線「丸太町」
    お問い合わせ:(財)国民公園協会京都御苑 TEL 075(211)6364

    花園会館

    ページの上部へ

    ■ 秋の特別展・特別公開

     

    ● 洛 中 ●

    秋の特別公開

    9月25日(金)〜12月15日(火)(予定)※拝観休止あり  ※時間変更あり

    相国寺(しょうこくじ)

    法堂・方丈・開山堂を公開。


    拝観料 800円

    【相国寺】上京区今出川通烏丸東入ル 地下鉄烏丸線「今出川」
    TEL 075(231)0301

    ページの上部へ

    庭園の特別公開
    10月17日(土)・18日(日)、24日(土)・25日(日)、10月30日(金)〜11月3日(火・祝)
    真如院(しんにょいん)

     織田信長・足利義昭旧跡。鱗石を並べた独特の枯山水庭園が公開されます。

    • 拝観料 600円

    【真如院】下京区猪熊通五条上ル柿本町 市バス9「堀川五条」
    TEL 075(811)0088

    ページの上部へ

    ● 洛 東 ●

    秋季特別展(遊行上人秘宝展)

    10月20日(火)〜11月30日(月)

    長楽寺(ちょうらくじ)

     ゆかりの秘宝を公開します。

    • 拝観料 650円

    【長楽寺】東山区八坂鳥居前東入 市バス206「祇園」
    TEL 075(561)0589

    ページの上部へ

    秋の特別拝観
    10月23日(金)〜12月15日(火)(予定)
    高台寺

     秀吉の妻、北の政所ねね創建の高台寺。華麗な蒔絵は「高台寺蒔絵」として特に有名。見どころも多数。

    • 拝観料 600円(掌美術館見学付)

    【高台寺】東山区高台寺下河原町 市バス206「東山安井」
    TEL 075(561)9966

    ページの上部へ

    秋の特別展
    10月23日(金)〜12月15日(火)(予定)
    圓徳院

     豊臣秀吉の妻、北政所ねねが晩年の19年間を過ごしたゆかりの寺。伏見城遺構として名勝「北庭」が知られます。

    • 拝観料 500円

    【圓徳院】東山区高台寺下河原町 市バス206「東山安井」
    TEL 075(525)0101

    ページの上部へ

    ● 洛 北 ●

    名刹大徳寺塔頭の拝観

    総見院:10月3日(土)〜11月30日(月)
    黄梅院:10月3日(土)〜12月6日(日)
    興臨院:10月3日(土)〜12月15日(火)
    ※各寺院拝観休止日あり 

    総見院・黄梅院・興臨院(そうけんいん・おうばいいん・こうりんいん)

     総見院は織田信長の菩提所であり、利休参禅の師、古渓和尚が開祖。黄梅院の庫裡は日本の禅宗寺院では最古のもの。興臨院は、本堂、表門、唐門が室町時代創建で禅宗建築の代表作です。

    • 拝観料 興臨院・総見院 各600円  黄梅院 800円

    【大徳寺】北区紫野大徳寺町 市バス206「大徳寺前」
    お問い合わせ:京都春秋 TEL 075(231)7015

    総見院

    ページの上部へ

    曝凉展(ばくりょうてん)
    10月11日(日)(雨天中止)
    大徳寺本坊

     ふだん非公開の本坊で絵・書などの虫干しが行われ、狩野探幽筆方丈襖絵など約100点におよぶ寺宝が公開されます。

    • 拝観料 1,500円

    【大徳寺本坊】北区紫野大徳寺町 市バス206「大徳寺前」

    ページの上部へ

    ● 洛 西 ●

    「花の天井」特別拝観
    9月11日(金)〜12月6日(日)平岡八幡宮 ※10月4日、10月10日〜11日は拝観休止
    平岡八幡宮

     本殿内陣天井に描かれた44種の花の絵は、江戸期のものと伝えられます。

    • 拝観料 800円

    【平岡八幡宮】右京区梅ヶ畑宮ノ口町 JRバス「平岡八幡」
    TEL 075(871)2084


    ページの上部へ

    洛西の名園特別公開
    10月上旬〜12月上旬
    宝厳院(ほうごんいん)

     名跡「獅子吼の庭」は、江戸時代の「都林泉名勝図会」に紹介された、洛西の名園中の名園です。

    • 拝観料 500円(本堂襖絵の受付は16時30分まで。別途拝観料必要 500円)

    【宝厳院】右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町 市バス28「嵐山天龍寺前」
    TEL 075(861)0091

    宝厳院

    ページの上部へ

    秋の特別公開
    10月上旬〜12月上旬
    弘源寺

     細川家ゆかりの本堂から見る見事な嵐山の景観。

    • 拝観料 500円

    【弘源寺】右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町 市バス28「嵐山天龍寺前」
    TEL 075(881)1232

    ページの上部へ

    霊宝館秋季名宝展
    9月19日(土)〜12月6日(日)
    仁和寺(にんなじ)

     今年は第58代光孝天皇1133回忌を記念して、テーマに沿った展示を行います。

    • 拝観料 500円

    【仁和寺】右京区御室大内 市バス26「御室仁和寺」
    TEL 075(461)1155

    しょうざん納涼床

    ページの上部へ

    霊宝館 秋期特別公開
    10月1日(木)〜11月30日(月)
    清凉寺

     本尊釈迦如来像胎内納品(国宝)、阿弥陀三尊像(国宝)ほか。

    • 拝観料 400円(本堂も参観の場合は700円)

    【清凉寺】右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町 市バス28「嵯峨釈迦堂前」
    TEL 075(861)0343

    ページの上部へ

    秋季名宝展 
    10月上旬〜12月上旬(予定)
    旧嵯峨御所大覚寺門跡

     大覚寺本尊である平安時代後期の仏師明円作「五大明王像」(重文)や愛染明王像など、寺の歴史と文化を知る上で貴重な宝物が公開されます。

    • 拝観料 800円

    【大覚寺】右京区嵯峨大沢町 市バス28「大覚寺」
    TEL 075(871)0071

    嵯峨御所 大覚寺の名宝

    ページの上部へ

    五大虚空蔵菩薩像御開帳
    10月10日(土)〜12日(月)  10時〜15時

    神護寺

     多宝塔にて五大虚空蔵菩薩(国宝)の祈願法要と特別公開。

    • 拝観料 500円(別途通常拝観料必要 600円)
       
       

    交通・アクセス:JRバス「山城高雄」
    TEL 075(861)1769

    ページの上部へ

    ● 洛 南 ●

    宝物館秋期特別展
    9月20日(日)〜11月25日(水)  9時〜17時閉門(16時30分受付終了)
    東寺・宝物館

     国宝、重要文化財などを含む多くの所蔵品の中から、その年のテーマを設けて展示します。

    • 料 金 500円(宝物館のみ)

    【東寺】南区九条町 近鉄京都線「東寺」
    TEL 075(691)3325

    ページの上部へ

    醍醐寺霊宝館 秋期特別公開
    10月15日(火)〜12月10日(火)(予定)
    醍醐寺

     醍醐寺の寺宝・伝承文化財は、約15万点におよび、古代、中世以来の貴重な宝物が静かに安置され、その一部が公開されます。

    • 料 金 1,500円(霊宝館・三宝館・伽藍)

    【醍醐寺】伏見区醍醐東大路町 地下鉄東西線「醍醐」
    TEL 075(571)0002

    ページの上部へ

    第56回 京都非公開文化財特別公開
    9月1日(火)〜12月13日(日)
    受付:9時〜16時 ※長楽館と両足院は10時〜 東寺 講堂・五重塔は8時30分〜16時30分
    京都市と八幡市の文化財18か所

     普段は公開されていない貴重な文化財が公開されます。公開場所によって公開期間や時間が異なりますので、ホームページにて事前にご確認ください。

    • ◆ 期間中は予約なしで拝観できますが、団体の場合(15名以上)は事前連絡が必要です。

    • ◆ 拝観料(一カ所):1,000円(大人)、500円(中高生)
    • ※「泉涌寺 本坊」は別途入山料500円必要
      ※「東寺 講堂・五重塔」は通常拝観料(大人800円、高校生700円、中学生以下500円)
    • ※「長楽館」次の日程は受付正午〜に変更  9月7日(月)、14日(月)、
      10月9日(金)、16日(金)、23日(金)、26日(月)
    • 【公開箇所】
    • [北区] 上賀茂神社(9/1~12/13)   梅辻家住宅(10/1〜11)
      [上京区]北野天満宮(10/9〜18)   冷泉家(10/31〜11/3)
      [左京区]下鴨神社(10/1〜12/13)   法然院 11/1〜7
      [東山区]知恩院三門(9/12〜27)   長楽館(9/1〜12/11)
           両足院(10/25〜12/13)   六道珍皇寺(10/1〜11/29)
           智積院(10/10〜11/29)   泉涌寺 舎利殿(10/10〜10/31)
           悲田院(10/15〜11/1)   戒光寺(10/12〜11/1)
           東福寺 法堂(9/1~12/13)   東福寺 三門(9/1~12/13)
      [南区]  (特別協力)東寺 講堂・五重塔(10/31〜12/13)
      [八幡市] 石清水八幡宮(10/2〜10/11)

    お問い合わせ:(公益財団法人)京都古文化保存協会 
    TEL 075(451)3313
    http://www.kobunka.com



    泉涌寺 
    泉涌寺 舎利殿内陣   

    ページの上部へ


     

    ■ 社寺ライトアップ & 夜の特別拝観

     

    梵燈のあかりに親しむ会
    10月16日(金)〜25日(日)(雨天決行)受付:18時〜20時30分
    妙心寺塔頭・東林院

     沙羅の木の庭で知られる東林院。手作りの瓦製梵燈や古瓦の上に約600本のろうそくがともり、その光が白砂や苔の庭をほのかに照らし出し、静かに揺らめきます。

    • 拝観料 500円

    【東林院】右京区花園妙心寺町 JR嵯峨野線「花園」
    TEL 075(463)1334

    ページの上部へ

    高台寺
    10月23日(金)〜12月15日(火)(予定)   受付:日没〜21時30分(昼夜入替なし)

     境内、紅葉とあいまって、幽玄の美をほのかに浮かび上がらせ、さながら蒔絵のよう。

    • 拝観料 600円

    【高台寺】東山区高台寺下河原町 市バス206「東山安井」
    TEL 075(561)9966

    ページの上部へ

    圓徳院
    10月23日(金)〜12月15日(火)(予定)   受付:日没〜21時30分(昼夜入替なし)

     奥行きのある庭園が訪れる人を幽玄の世界に誘います。

    • 拝観料 500円

    【圓徳院】東山区高台寺下河原町 市バス206「東山安井」
    TEL 075(525)0101

    ページの上部へ

    青蓮院
    10月下旬〜12月上旬 受付:18時〜21時30分

     相阿弥作の池泉回遊式庭園、小堀遠州作「霧島の庭」が夜の光の中に浮かび上がります。

    • 料 金 800円

    【青蓮院】東山区粟田口三条坊町 市バス5「神宮道」
    TEL 075(561)2345


    ページの上部へ

     

    将軍塚青龍殿
    10月下旬〜12月上旬   受付:17時〜21時(昼夜入替なし)

     眼下に京都市内を一望。散策を楽しめる広々とした庭園一円に紅葉が広がります。

    • 拝観料 500円

    【将軍塚青龍殿】山科区厨子奥花鳥町
    青蓮院よりシャトルバス運行(有料) または地下鉄「蹴上」よりタクシー
    TEL 075(771)0390

    渓山閣

    ページの上部へ

    嵯峨野トロッコ列車

    嵯峨野トロッコ列車ライトアップ運行
    10月中旬〜12月上旬  16時30分〜19時30分
    「嵐山」〜「亀岡」間

     亀岡〜保津峡〜嵐山間の7.3kmをライトアップ。対象列車は最終電車の予定です。

    • 運賃(片道) 630円(大人)、320円(小人)

    【嵯峨野トロッコ列車】
    お問い合わせ:テレフォンサービス TEL 075(861)7444

    ページの上部へ