京都イベント情報6ヶ月

※掲載されている情報は変更される場合がありますので事前にご確認下さい。

美術館・博物館

美術館・博物館

能・狂言・劇場・コンサート

ピックアップ

嵐山の鵜飼

 

陶器市

 

社寺の七夕・町家の七夕

 

リンク集

  • ホテル 花園会館
  • アーバンホテル 京都二条
  • 京小町
  • 松井本館
  • 京都 炭屋旅館
  • 京都 嵐山温泉 旅館 彩四季の宿「花筏」
  • 高雄もみぢ堂
  • 嵐山温泉 渡月亭
  • 平新
  • 旅館 元奈古
  • 嵐山辨慶
  • ハトヤ
  • 渓山閣
  • 井筒八ッ橋
  • 旅館こうろ
  • 加茂川館
  • ページの上部へ

※掲載情報は新型コロナウイルスの影響で変更になる場合があります

7月の情報

美術館・博物館

■ 美術館・博物館

● 洛 中 ●

京都文化博物館

特別企画展 祇園祭 −京都の夏を彩る祭礼−

6月20日(土)〜7月26日(日)

 日本を代表する祭りとして世界に認められた京都祇園祭について、懸装品・飾金具・古文書・絵画資料など100点以上の資料を展観し、山鉾を彩る華麗な装飾を紹介します。ここに結集した山鉾の美をお楽しみください。 

  • 料 金  一般・大学 800円、高校生無料

【京都文化博物館】中京区三条高倉
地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」

10時〜19時30分
※特別展は10時〜18時(金曜日は19時30分まで)
※入室はいずれも閉室30分前まで
休館日 毎月曜(祝日の場合は翌平日)

TEL 075(222)0888

ページの上部へ

相国寺承天閣美術館

※新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止のため、10月31日(土)まで臨時休館しています。


いのりの四季―仏教美術の精華

4月12日(土)〜7月19日(日)(延期)
11月1日(日)〜2021年1月17日(日)

 相国寺に連綿と続く仏教行事に焦点を当て、美術館に収蔵されている宝物がどのように各儀礼を荘厳してきたのかを展示します。中国・現時代に 陸信忠によって描かれた「十六羅漢」(重要文化財)の全十六幅を一挙公開するほか、相国寺 の観音懺法で用いられて続けてきた、後水尾天皇寄進の法具を展示するなど、祈りの寺宝を一 挙公開します。

  • 料 金 一般 800円/65歳以上・大学生 600円/中高生 300円/
    小学生 200円

【相国寺承天閣美術館】上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町
地下鉄烏丸線「今出川」
10時〜17時(入館は16時30分まで)
会期中無休
TEL 075(241)0423

ページの上部へ

樂美術館

春期特別展
樂歴代 
用の美 −作陶の広がり− 

6月9日(火)〜9月6日(日)

 

 樂焼450年の歴史、伝統と創造の歴史をうかがう重厚な展覧会。樂歴代の代表作が一堂に並ぶ樂歴代展。茶の湯の「用」にあわせた作陶の広がりをご覧ください。

  • 料 金
     一般 1,000円/大学生 800円/高校生 400円/中学生以下無料

【樂美術館】上京区油小路通中立売上ル 
市バス9・50「堀川中立売」
10時〜16時(入館は15時30分まで)
※30分閉館時間を繰り上げています
休館日  毎月曜(祝日は開館)
TEL 075(414)0304

ページの上部へ

京都国際マンガミュージアム

原画 島耕作 〜四季〜
弘兼憲史原画寄贈記念展

〜7月31日(金)

 マンガ家弘兼憲史氏からの寄贈による原画作品に加え、島耕作シリーズ内で京都を舞台にしたエピソードの複製原画も展示します。




荒俣宏の大大マンガラクタ館

〜8月25日(火)

 荒俣宏館長が、多くの人が見向きもしなかったモノ、コト、ヒトを集め、文章や絵を書いたり描いたりすることで評価してきた人生を、館長自身のコレクションや創作物などで紹介します。

  • 料 金 900円(一般)、400円(中高生)、200円(小学生)

【京都国際マンガミュージアム】中京区烏丸通御池上ル
地下鉄烏丸線「烏丸御池」
10時〜18時(入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎水曜
TEL 075(254)7414

ページの上部へ

古典の日記念 京都市平安京創生館

企画展
平安びとの楽しみ 遊戯と競技

6月17日(水)〜11月30日(日)

  平安時代の人々が親しんだ遊戯と競技(スポーツ)について紹介します。

  • 料 金 無料

【古典の日記念 京都市平安京創生館】中京区丸太町 
生涯学習総合センター (京都アスニー)1階
地下鉄「丸太町」で乗換 市バス93・202・204「丸太町七本松」
10時〜17時
休館日 毎火曜(祝日の場合翌日)
TEL 075(812)7222

ページの上部へ

京都市学校歴史博物館

近代京都の自然教育のあゆみ―SDGs達成のために

7月11日(日)〜10月5日(月)

  「あまり知られていないけれど、おもしろい!」、そんな京都の自然教育の歴史を本格的に紹介する、日本ではじめての展示です。

  • 料 金 300円(大人)、100円(小中高生)

【京都市学校歴史博物館】下京区御幸町 
市バス4・5・17・205「四条河原町」、阪急「河原町」
9時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎水曜(祝日の場合翌平日)
TEL 075(344)1305

ページの上部へ

京都市考古資料館

特別展示
光秀と京  〜入京から本能寺の変〜

〜11月24日(月・祝)

  明智光秀が活躍した信長の入京から本能寺の変を中心にして、関連する遺跡の発掘調査の成果を写真パネルや遺物で紹介します。本能寺跡の発掘調査出土品は、令和元年度の京都市有形文化財の指定を受ける予定で、これらのお披露目として、まさに当時本能寺の変に遭遇したと思われる土器・瓦類などを多数展示します。

  • 料 金 無料

【京都市考古資料館】上京区今出川通大宮東入元伊佐町 
市バス59・101・102・201・203「今出川大宮」
9時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)
TEL 075(432)3245

ページの上部へ

 

龍谷大学 龍谷ミュージアム

企画展・シリーズ展7
仏教の思想と文化 −インドから日本へ−
特集展示
「シルクロードの信仰」

7月11日(土)〜8月16日(日)

 シルクロードで結ばれた各地に存在していたさまざまな信仰と神々を、彫刻や絵画、そして現地から出土した文書などから具体的に紹介します。

  • 料 金 大人 550円/大学生・シニア(65歳以上) 400円/高校生 300円

  • 中学生以下無料

 

【龍谷大学 龍谷ミュージアム】
市バス9・28・75 西本願寺前下車
JR・近鉄・地下鉄 京都下車
時間  10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日 毎月曜 (ただし、8月10日は開館)、8月11日

TEL 075-351-2500

 

ページの上部へ

● 洛 東 ●

京都市京セラ美術館 本館 北回廊1階

※新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、当面の間、事前予約・定員制となります。


詳細はこちらをどうぞ

京都市京セラ美術館開館記念展
杉本博司 瑠璃の浄土

5月26日(火)〜10月4日(日)

 新たにオープンする新館「東山キューブ」における開館記念展として、国際的に活躍するアーティスト、杉本博司の個展「杉本博司 瑠璃の浄土」を開催します。「瑠璃」、「浄土」、「偏光色」をキーワードとして、写真を起点に宗教的、科学的、芸術的探求心が交差しつつ発展する杉本の創造活動について改めて考えるとともに、長きにわたり浄土を希求してきた日本人の心の在り様を見つめ直します。

  • 料 金 一般1,500円、大学・高校生1100円、 中学生以下無料


京都市京セラ美術館開館記念展
「京都の美術 250年の夢」
第2部
明治から昭和へ:京都画壇の隆盛

※、新型コロナウイルス感染予防・拡散防止のため、開幕を延期します。

7月11日(土)〜9月6日(日)

 明治から戦前にかけて全盛期を迎えた京都画壇をはじめ、多方面で本格的な活動が展開された「京都の美術」が隆盛を極めた時代を紹介します。

  • 料 金 一般1,500円、大学・高校生1100円、 中学生以下無料

【京都市京セラ美術館】左京区岡崎円勝寺町
市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
地下鉄東西線「東山」
9時〜18時(入館は17時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日は開館)
年末年始(12月28日から1月2日まで)
TEL 075(771)4107

ページの上部へ

京都国立近代美術館

京都国立近代美術館所蔵作品にみる
京(みやこ)のくらし  二十四節気を愉し

7月23日(木・祝)〜9月22日(火・祝)

 二十四節気という季節の区分に沿って、京都のくらしに息づく自然現象や草花、生物、祭や行事などを、当館コレクションから精選した美術・工芸作品に加え、映像資料によって紹介します。

  • 料 金  一般 1,000円/大学生 500円/高校生以下・18歳未満 無料

 

【京都国立近代美術館】左京区岡崎円勝寺町
市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
9時30分〜17時(金・土曜は〜20時) ※入館は閉館30分前まで
休館日 毎月曜(祝日の場合は開館、翌平日休館)
TEL 075-761-4111



祇園會  

ページの上部へ

清水三年坂美術館

明治の美術染織

6月3日(水)〜8月16日(日)

  染織による室内装飾品「美術染織」はおもに京都の呉服商のプロデュースによって制作され、日本画家が盛んに下絵を手がけました。刺繍や天鵞絨友禅の技法を用いた作品を中心に、優美で華やかな美術染織の魅力を紹介します。

  • 料 金 800円(一般)、500円(中高大生)、300円(小学生)

【清水三年坂美術館】東山区清水3丁目 
市バス206・207・100「清水道」
10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜・火曜(祝日開館)
TEL 075(532)4270

ページの上部へ

霊山歴史館

2020年 夏の展覧会
新選組と戊辰戦争

6月2日(火)〜9月6日(日)

 慶応3年(1867)6月、新選組は幕府直参の武士に取り立てられるという大出世を果たしましたが、幕府が崩壊すると戊辰戦争が起こり、新選組は最後まで徳川家や会津藩に忠義を尽くして戦い続けました。新選組の資料を中心に、鳥羽伏見の戦いや戊辰戦争の実像に迫ります。

  • 料 金   一般 900円/高大生 500円/小中生 300円

【霊山歴史館】東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目
市バス100・206・207「清水道」
9時〜17時30分
(入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎月曜(祝日は開館、翌平日休館)
TEL 075(531)3773

ページの上部へ

京都国立博物館

西国三十三所 草創1300年記念 特別展 /span>
聖地をたずねて─西国三十三所の信仰と至宝─

7月23日(木・祝)〜9月13日(日)

 今もなお、老若男女、国籍を問わず、人々をひきつける巡礼の魅力を、美しい観音菩薩の姿や各札所の寺宝を通じて紹介します。観音信仰とともに守り伝えられてきた至宝の数々をご堪能ください。

  • 料 金 

    一般 1,600円/大学生 1,200円/高校生 700円/中学生以下 無料

【京都国立博物館】東山区茶屋町
市バス100・206・208「博物館三十三間堂前」
9時30分〜17時 
 ※入館は閉館30分前まで
休館日 毎月曜(祝日の場合はその翌休日)
TEL 075(525)2473(テレホンサービス)

ページの上部へ

細見美術館

飄々表具
−杉本博司の表具表現世界−

〜9月6日(日)


 杉本博司は《ジオラマ》《劇場》《海景》といった写真シリーズで世界的に知られる現代美術作家。美術表現が多様化するこの時代に、飄々として世を渡る、数寄者杉本博司の美意識と、余芸というには余りある表現世界をご堪能ください。

 
  • 料 金 一般1,400円、学生1,100円
  • 【細見美術館】左京区岡崎最勝寺町 
    市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
    10時〜18時(入館は17時30分まで)
    休館日 毎月曜(祝日の場合翌日)
    TEL 075(752)5555

    表具  

    ページの上部へ

    ● 洛 北 ●

    古田織部美術館

    桃山一のかぶき者とは誰か
    ―慶次か道八か、それとも織部か

      5月23日(土)〜9月13日(日)

       織田道八(頼長)没後四百年を記念して開催します。

      • 料 金
        500 円(大人)、400 円(高大生)、300 円(小中生)

       

    【古田織部美術館】北区上賀茂桜井町
    地下鉄烏丸線「北山」
    9時30分〜17時30分(入館は17時10分まで)
    休館日 会期中は無休
    TEL 075-707-1800

    ページの上部へ

    ● 洛 西 ●

    アサヒビール大山崎山荘美術館

    生誕130年
    河井試沽Y展
    ―山本爲三郎コレクションより

    〜2021年3月7日(日)

     山本家から当館に寄贈され、開館以来、同館所蔵品の軸である山本爲三郎コレクションを中心に、初期から晩年まで、河井試沽Yの貴重な作品約110点を一挙に公開します。

    • 料 金   900円(一般)、500円(高大生)、中学生以下無料

    【アサヒビール大山崎山荘美術館】乙訓郡大山崎町字大山崎小字銭原
    JR京都線「山崎」、阪急京都線「大山崎」
    10時〜17時(入館は16時30分まで)
    休館日 毎月曜(祝日の場合翌日)、年末年始 
    TEL 075(957)3123(総合案内)

    ページの上部へ

    ■ 能・狂言・コンサート

     

    京都観世会館

    夏の素謡と仕舞の会

    7月12日(日) 11時〜

    演 目 素謡「鉢木」「通盛」「野宮」「山姥」

    • 料 金 4,500円(一般前売)、2,500円(学生)

    【京都観世会館】左京区岡崎円勝寺町 
    市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
    TEL 075(771)6114

    ページの上部へ

    金剛能楽堂

    金剛定期能

    7月26日(日) 13時30分〜

    演 目
         能「飛鳥川」「阿漕」/狂言/仕舞

    • 料 金 〈前売〉5,500円(一般)、〈学生〉3,000円

    【金剛能楽堂】上京区烏丸通中立売上ル 
    地下鉄烏丸線「今出川」
    TEL 075(441)7222

    ページの上部へ