京都イベント情報6ヶ月

※掲載されている情報は変更される場合がありますので事前にご確認下さい。

美術館・博物館

美術館・博物館  

リンク集

  • 嵐山辨慶
  • 松井本館
  • 井筒八ッ橋
  • 平新
  • 加茂川館
  • 嵐山温泉 渡月亭
  • 京小町
  • 京都 嵐山温泉 旅館 彩四季の宿「花筏」
  • 旅館 元奈古
  • ホテル 花園会館
  • アーバンホテル 京都二条
  • 高雄もみぢ堂
  • 京都 炭屋旅館
  • ハトヤ
  • 渓山閣
  • 旅館こうろ
  • ページの上部へ

1月の情報

美術館・博物館

■ 美術館・博物館

 

● 洛 中 ●

京都文化博物館

Kyoto Art for Tomorrow 2021
−京都府新鋭選抜展−

1月23日(土)〜2月7日(日)

 進作家による卓抜した創造性、技術を備えた作品を紹介します。

  • 料 金 一般500円、大学生400円、高校生以下無料

【京都文化博物館】中京区三条高倉
地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」
10時〜19時30分 
※特別展は10時〜18時(金曜日は19時30分まで)
※入室はいずれも閉室30分前まで
休館日 毎月曜(祝日の場合は開館、翌日休館)
12月27日(日)〜1月5日(月)年末年始休館
TEL 075(222)0888


ページの上部へ

 

● 洛 東 ●

京都国立博物館

文化財保存修理所開所40周年記念 特別企画 
文化財修理の最先端

12月19日(土)〜1月31日(日)

 近年の修復成果の中でも新発見をともなう、特に注目される作例を厳選し、展示します。

  • 料 金 700円(一般)、350円(大学生)
    高校生・18歳未満・70歳以上は無料


新春特集展示  丑づくし ─干支を愛でる─

12月19日(土)〜1月31日(日)

 恒例の干支・牛(丑)にちなむ特集展示です。細やかな小作品をはじめ、野性味溢れる作品などで紹介します。

  • 料 金 520円(一般)、260円(大学生)
    高校生・18歳未満・70歳以上は無料

【京都国立博物館】東山区茶屋町
市バス100・206・208「博物館三十三間堂前」
TEL 075(525)2473(テレホンサービス)

ページの上部へ

京都市京セラ美術館 新館 東山キューブ

平成美術:うたかたと瓦礫(デブリ) 1989-2019

1月23日(土)〜4月11日(土)

     1980年代後半より現代美術について鋭い批評活動を継続的に行なっている美術評論家の椹木野衣を企画・監修に迎え、独自の視点で選定したアーティストたちによる集合的活動にフォーカスした平成年間(1989-2019年)の美術を振り返る展覧会を開催します。

料 金 2,000円(一般)、1,500円(大学・専門学校生)、1,000円(高校生)、小・中学生500円

【京都市京セラ美術館】左京区岡崎円勝寺町
市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
9時〜17時(入館は閉館30分前まで)
休館日 毎月曜(但し祝日の場合は開館)、年末年始
TEL 075(771)4334

ページの上部へ

霊山歴史館

海援隊と新選組

9月9日(水)〜1月24日(日)

 非常に先進的な団体だった海援隊と新選組、両者から見た幕末史にスポットを当てます。幕末の両雄、坂本龍馬と中岡慎太郎直筆の書状、坂本龍馬を斬った男、桂早之助の愛刀、また貴重な資料を初公開します。

  • 料 金 900円(大人)、500円(高大生)、300円(小中生)

【霊山歴史館】東山区清閑寺霊山町 
市バス100・206「清水道」「東山安井」
10時〜17時30分(入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日) 12月28日(月)、1月2日(土)
TEL 075(531)3773

 

ページの上部へ

清水三年坂美術館

開館20周年記念展示 村田理如 蒐集の軌跡T

11月21日(土)〜2月7日(日)

 館長の村田理如が生涯をかけて蒐集してきた多岐に渡るコレクションより、明治工芸と出遇う前に集めた名品・珍品の数々を2期に分けて紹介し、その美意識の原点に迫ります。
第1期 展示品: 化石、鉱物、隕石、エミール・ガレ、万華鏡、切手、蝶がモチーフの明治工芸 他

  • 料 金 800円(一般)、500(中高大生)、300円(小学生)

【清水三年坂美術館】東山区清水3丁目 
市バス100・206「清水道」
10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜・火曜(祝日開館)年末年始(12月28日〜1月5日)
TEL 075(532)4270

 

ページの上部へ

京都国立近代美術館

分離派建築会100年 建築は芸術か?

1月6日(水)〜3月7日(日)

 大正時代、日本の建築界に鮮烈なインパクトをもって現れた新星たちがいました。日本で最初の建築運動とされる分離派建築会です。2020年で結成から100年、図面、模型、写真、映像、さらには関連する美術作品によって、変革の時代を鮮やかに駆け抜けた彼らの軌跡を振り返ります。

  • 料 金 
    一般 1,500円/大学生 1,100円/高校生 600円/中学生以下無料

【京都国立近代美術館】左京区岡崎円勝寺町
市バス5・46・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
9時30分〜17時(金・土曜日は〜20時)(入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎月曜(祝日は開館、翌平日休館)
TEL 075(761)4111

ページの上部へ

● 洛 西 ●

嵯峨嵐山文華館(旧・時雨殿)

悲運の画家たち

前期10月24日(土)〜11月30日(月)
後期12月2日(水)〜1月11日(月・祝)
※11/15(日)・11/21(土)は臨時休館

 非業の死を遂げた、世間に評価されなかった…など様々な「悲運」に見舞われた画家たちにスポットを当てた展覧会です。
(福田美術館と共同開催)

  • 料 金 900円(一般・大学生)、500円(高校生)、300円(小中生)

【嵯峨嵐山文華館】右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町
地下鉄東西線「太秦天神川」より嵐電「嵐山」、またはJR「嵯峨嵐山」
10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎火曜(祝日の場合は翌日休館) 年末年始
TEL 075(882)1111

悲運の画家たち 

ページの上部へ

京都府立堂本印象美術館

憧れのヨーロッパ旅行

11月28日(土)〜3月28日(日)

 1952年(昭和27)、半年間にわたりヨーロッパを歴訪し、帰国直後に発表した「メトロ」の他、ヨーロッパ旅行に基づく作品、スケッチ画、エッセイ、工芸作品などもあわせて展示します。

同時開催 [現代作家展13] 三瀬夏之介「おにの神さん/奇景」
11月28日(土)〜1月24日(日)

  • 料 金 510円(一般)、400円(高大生)、200円(小中生)、65歳以上無料

【京都府立堂本印象美術館】北区平野上柳町 
市バス15・50・59「立命館大学前」
9時30分〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)、12月28日〜1月4日
TEL 075(463)0007

ページの上部へ

■ 劇場情報(能・狂言・コンサート)

京都観世会館

京都観世会例会

1月10日(日)11時〜

演 目
     能「翁」「鶴亀」「葛城」「小鍛冶」/狂言「筑紫奥」/仕舞

  • 料 金 〈前売〉6,000円(一般)、〈学生〉3,000円

【京都観世会館】左京区岡崎円勝寺町 
市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
TEL 075(771)6114

ページの上部へ

ART COMPLEX 1928(ギア専用劇場)

ノンバーバルパフォーマンス『ギア〜GEAR〜』

土曜日・日曜日 12時〜、17時〜
4日(月) 12時〜、17時〜、27日 (水)13時30分〜、18時30分〜

 言葉を使わないコンプレックス(=複合)・エンターテイメント。大人も子どもも国籍も超えて楽しめます。「人の心が起こす、再生の奇跡」を描いた感動ストーリー。
キッズデー(2020年12月より実施)=第1・3土曜日の12時公演に限り未就学児(4歳〜6歳)のお子さまも入場いただけます。

  • 料 金
    6,800円(一般)、4,800円(小中高生)、800円(*4〜6歳)
    *キッズデーに限り入場可

【ART COMPLEX 1928(ギア専用劇場)】
中京区三条通御幸町東南角
市バス4・5・205「河原町三条」、地下鉄烏丸線「烏丸御池」、阪急「河原町」
TEL 075(254)6520

ページの上部へ