京都イベント情報6ヶ月

※掲載されている情報は変更される場合がありますので事前にご確認下さい。

美術館・博物館

美術館・博物館

能・狂言・劇場・コンサート

ピックアップ

もみじ祭 

  

主な紅葉の見処

 

夜間特別拝観と紅葉ライトアップ

秋の特別展・特別公開

 

京都非公開文化財特別公開

リンク集

  • 高雄もみぢ堂
  • 京都 炭屋旅館
  • ハトヤ
  • 渓山閣
  • 旅館こうろ
  • 嵐山辨慶
  • 松井本館
  • 井筒八ッ橋
  • 平新
  • 加茂川館
  • 嵐山温泉 渡月亭
  • 京小町
  • 京都 嵐山温泉 旅館 彩四季の宿「花筏」
  • 旅館 元奈古
  • ホテル 花園会館
  • アーバンホテル 京都二条
  • ページの上部へ

※掲載情報は新型コロナウイルスの影響で変更になる場合があります

11月の情報

美術館・博物館

■ 美術館・博物館 

 ※日時、内容、料金等は都合により変更されることがあります。

 

● 洛 東 ●

京都国立博物館

特別展 畠山記念館の名品
─能楽から茶の湯、そして琳派─

前期:10月9日(土)〜11月7日(日)
後期:11月9日(火)〜12月5日(日)
※会期中、一部の作品は上記以外にも展示替を行います。

同展は新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止のため、事前予約優先制を導入します。

 荏原(えばら)製作所の創業者である畠山一清(はたけやまいっせい、号:即翁<そくおう>)が蒐集した美術品を収蔵する畠山記念館。同展は改築工事のため長期休館中の同館コレクションのなかから、茶道具を中心とする日本・中国・朝鮮半島の古美術の名品を紹介します。

  • 料 金 1,800円(一般) 1,200円(大学生)   700円(高校生) 中学生以下 無料
    博物館南門にて当日観覧券も販売します。
    観覧券は数量限定、なくなり次第終了します。

 

【京都国立博物館】東山区茶屋町
市バス100・206・208「博物館三十三間堂前」
9時〜17時30分 ※入館は閉館30分前まで
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)
TEL 075(525)2473(テレホンサービス)

ページの上部へ

細見美術館

特別展虫めづる日本の美 −養老孟司×細見コレクション−

10月29日(金)〜1月23日(日)

 解剖学者の養老孟司氏が細見コレクションから選ぶ、虫を表した絵画・工芸作品約70点を紹介します。写実の精緻を極めた伊藤若冲の「糸瓜群虫図」、宝石のような虫たちが鏤められた蒔絵の小箱など、みずみずしい好奇心にあふれる虫博士の眼が出会った、日本の美に息づく儚くも美しき生命を、どうぞご鑑賞ください。

  • 料 金 1,300円(一般)、1,000円(学生)

【細見美術館】左京区岡崎最勝寺町 
市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日) 12月27日〜1月4日
TEL 075(752)5555

 

ページの上部へ

清水三年坂美術館

煙管筒 装いの喫煙具

10月30日(土)〜1月23日(日)

 煙管筒(きせるつつ)を中心に、同館が所蔵する幕末・明治の喫煙具を紹 介します。彫刻の石川光明や彫嵌の田中一秋、彫漆の松本豊慶といった名工から無銘の作家による作品まで、多彩な煙管筒をどうぞご満喫ください。

  • 料 金 800円(一般)、500円(中高大生)、300円(小学生)

【清水三年坂美術館】東山区清水3丁目 
市バス206・207・100「清水道」
10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜・火曜(祝日開館) 年末年始(12月27日〜1月4日)
TEL 075(532)4270

ページの上部へ

泉屋博古館(せんおくはくこかん)

木島櫻谷 四季の金屏風 ―京都画壇とともに

9月11日(土)〜10月24日(日)

 柳に桜、燕子花、菊、梅…。ふりそそぐ光のなか、四季それぞれの花が咲き競う四双の金屏風。この壮麗な作品は大正時代、日本画家の木島櫻谷(このしま・おうこく 1877-1938)により大阪茶臼山に新築された住友家本邸のために制作されました。四季連作が揃うまたとない機会に、清浄な空気に包まれる特別な時をお過ごしください。

  • 料 金 一般 800円/高大生 600円/中学生以下無料

【泉屋博古館】

市バス5「東天王町」 ・ 市バス100「宮ノ前町」

10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)
TEL 075-771-6411

泉屋博古館

ページの上部へ

霊山歴史館

渋沢栄一が生きた幕末
第3期 栄一をめぐる人々

9月14日(火)〜1月23日(日)

 幕末期の栄一と交流のあった徳川慶喜や近藤勇、土方歳三、木戸孝允、西郷隆盛、フリュリ・エラールなどの資料を中心に、明治期に関わった政治家や三井家の資料も展示します。

  • 料 金 900円(大人)、500円(高大生)、300円(小中生)

【霊山歴史館】東山区清閑寺霊山町 
市バス100・206「清水道」「東山安井」
10時〜17時30分(入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎月曜(祝日開館、翌日休館) 年末年始
TEL 075(531)3773

ページの上部へ

 

● 洛 中 ●

京都市平安京創生館 ※9月30日まで臨時休館中

企画展
幻の宮 伊勢斎宮と平安京

〜2022年6月8日(日) ※9月30日まで臨時休館

 かつて天皇が交替すると、未婚の皇族女性から伊勢神宮に仕える「斎王」が選ばれました。斎王が暮らした場所「斎宮」は、碁盤目状に土地が整備され、都を思わせるような空間がつくられていたことが、発掘調査からわかりました。平安京内と、国指定史跡「斎宮跡」(三重県多気郡明和町)の発掘成果などから明らかになった、斎王の姿を紹介します。

【京都市平安京創生館】中京区丸太町 
生涯学習総合センター (京都アスニー)1階
地下鉄「丸太町」で乗換 市バス15・93・202・204「丸太町七本松」
10時〜17時
休館日 毎火曜(祝日のときは翌平日休館) 年末年始
TEL 075(812)7222

ページの上部へ

京都市考古資料館 ※臨時休館中

特別展示
平安京をつくる・たもつ 

〜11月21日(日) ※9月30日まで臨時休館

 羅城や条坊街路、平安宮内、平安京域の役所や東寺・西寺などの官営施設について最新の発掘調査成果を紹介します。また、このたび京都市の有形文化財に指定された小野瓦窯跡出土品をはじめ、平安京の造営、改造と再建、修理に不可欠であった瓦窯と瓦の生産・供給体制について、出土遺物や発掘調査の写真などから紹介します。

  • 料 金 無料

 

【京都市考古資料館】上京区今出川通大宮東入元伊佐町 
市バス59・101・102・201・203「今出川大宮」
9時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)
TEL 075(432)3245

考古資料館

ページの上部へ

茶道資料館

特別展 新茶を祝う
−製茶から口切の茶事まで−

9月15日(水)〜12月5日(日)

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、入館と呈茶はHP・電話での予約を優先します。

 製茶の様子を描いた「製茶図」を通じて、茶が私たちの口に入るまでの工程を分かりやすく解説するとともに、「製茶図」が生まれた背景にも迫ります。また、今日庵文庫が所蔵する茶書を用いて、茶を美味しく保管するために「茶壺」がいかに珍重されていたのかなど、口切の茶事にまつわる記事も紹介します。

  • 料 金
    700円(一般)、400円(大学生)、300円(中高生)、小学生以下 無料

【茶道資料館】上京区堀川通寺之内上ル 裏千家センター内
市バス9「堀川寺ノ内」、地下鉄烏丸線「鞍馬口」
9時30分〜16時30分(入館と呈茶は16時まで)
休館日 毎月曜 毎月曜、第2・4火曜
TEL 075(431)6474

茶道美術館

ページの上部へ

 

 

● 洛 北 ●

 

京都府立堂本印象美術館

特別企画展
山口華楊展

10月9日(土)〜11月23日(火・祝)

 山口華楊(1899-1984)は堂本印象と同じ衣笠地域に関係の深い日本画家。京都衣笠を拠点に日本画を活性化させた華楊芸術を、優れた本画やスケッチ等を通して紹介します。
料 金 510円(大人)、400円(高大生)、200円(小中生)

【京都府立堂本印象美術館】北区平野上柳町 
市バス15・50・59「立命館大学前」
9時30分〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)、12月28日〜1月4日
TEL 075(463)0007

ページの上部へ

 

● 洛 西 ●

嵯峨嵐山文華館

木島櫻谷 究めて魅せた「おうこくさん」

前期10月23日(土)〜11月29日(月)
後期12月1日(水)〜1月10日(月・祝)

 「おうこくさん」こと木島櫻谷の人となりが偲ばれる作品や遺品を展示。そのうち24点が初公開となります。また櫻谷に続いて衣笠を拠点に活躍した菊池芳文、菊池契月、堂本印象、福田平八郎らの作品も紹介します。
(福田美術館と共同開催)

  • 料 金 900円(一般・大学生)、500円(高校生)、300円(小中生)

【嵯峨嵐山文華館】右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町
地下鉄東西線「太秦天神川」より嵐電「嵐山」、またはJR「嵯峨嵐山」
10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎火曜(祝日の場合は翌平日) 年末年始(12月30日〜1月1日)
TEL 075(882)1111

ページの上部へ

■ 能・狂言・コンサート

 

京都観世会館

京都観世会11月例会

11月28日(日) 11時〜

演 目
演目 能「生田敦盛」「三輪」「車僧」/狂言「空腕」/仕舞

  • 料 金 6,000円(一般前売)、3,000円(学生)

【京都観世会館】左京区岡崎円勝寺町 
市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
TEL 075(771)6114

ページの上部へ

金剛能楽堂

金剛定期能

11月28日(日) 13時30分〜

演 目 能「夕顔」「殺生石」/狂言/仕舞

  • 料 金 5,500円(一般前売)、3,000円(学生)

【金剛能楽堂】上京区烏丸通中立売上ル 
地下鉄烏丸線「今出川」
TEL 075(441)7222

ページの上部へ