京都イベント情報6ヶ月

※掲載されている情報は変更される場合がありますので事前にご確認下さい。

ピックアップ
 

納涼床

特別展特別公開

季節の花

花の催しいろいろ

初夏を彩る花

  • 杜 若 大田神社 勧修寺 平安神宮
  • 躑 躅 妙満寺 隨心院 長岡天満宮
  •      智積院
  • 皐 月 詩仙堂 善峯寺
  • 睡 蓮 勧修寺 平安神宮
  • 石楠花 隨心院
  •     平等院 城南宮 龍安寺
 
美術館・博物館

美術館・博物館

リンク集

  • 井筒八ッ橋
    • 松井本館
    • ハトヤ
    • 渓山閣
    • 京小町
    • ホテル 花園会館
    • アーバンホテル 京都二条
    • 嵐山辨慶
    • 京都 嵐山温泉 旅館 彩四季の宿「花筏」
    • 高雄もみぢ家
    • 旅館 元奈古
    • 京都 炭屋旅館
    • 嵐山温泉 渡月亭
    • 平新
    • 旅館こうろ
    • 加茂川館
    • ページの上部へ

    ※掲載情報は新型コロナウイルスの影響で変更になる場合があります

    5月の情報

    ピックアップ

    源氏物語にも登場した祭の行列

    葵 祭(あおいまつり)※『路頭の儀』(行列)は中止になりました
    5月15日(土) ※雨天順延(中止)
    京都御所(出発 10時30分)→ 下鴨神社(到着 11時40分 出発 14時20分)→ 上賀茂神社(到着 15時30分)(中止)
    ※時間は先頭通過予定時刻
    ※先頭から最後尾の通過までに1時間弱

    令和3年度の『路頭の儀』(行列)は新型コロナウィルス感染症の影響により、中止となりました。

     薫風の五月を迎えると、京の町は"京の三大祭"のひとつ、"葵祭の季節"の到来です。祭りは、下鴨神社と上賀茂神社の例祭で、「葵祭」の名で知られますが、正式名称は賀茂祭。日本三勅祭(賀茂祭、石清水祭、春日祭)のひとつで、神前に葵を献じ、参列する人や車、社殿や家々を葵の葉で飾ります。中世で「まつり」といえば、賀茂祭をさしました。

    葵祭


    斎王代女人列御禊神事

    ページの上部へ

    ■ 前儀の数々

     

    迫力満点の馬場

    賀茂競馬会足汰式(かもくらべうまえあしぞろえしき)※神社関係者のみ
    5月1日(土)
    上賀茂神社

      新型コロナウィルス感染症の影響により神社関係者のみで行うことになりました。

    (以下は例年の情報です。)
     ↓

     5日の賀茂競馬に先立ち、馬の年齢、遅速を実際に見て、組合せを決定するものです。烏帽子に浄衣の装束で騎乗し、本格的に馬にムチを入れ試走する姿は迫力あります(13時頃)。

    【上賀茂神社】北区上賀茂本山町 市バス4「上賀茂神社前」 
    TEL 075(781)0011

    ハトヤ

    ページの上部へ

    馬上の妙技は勇壮です

    流鏑馬(やぶさめ)神事 ※神社関係者のみ
    5月3日(月・祝) 13時〜15時30分
    下鴨神社

      新型コロナウィルス感染症の影響により神社関係者のみで行うことになりました。

    (以下は例年の情報です。)
     ↓

     葵祭の前儀で、祭の露払いとして、古くから行われて来た神事。馬を馳せながら鏑矢(かぶらや)を射ます。

    【下鴨神社】左京区下鴨泉川町 市バス205「下鴨神社前」
    TEL 075(781)0010

    流鏑馬神事

    ページの上部へ

    斎王代禊の儀(さいおうだい みそぎのぎ)  ※中止になりました
    5月4日(火・祝) 10時〜
    上賀茂神社(下鴨神社の両社が毎年交互に斎行)

      新型コロナウィルス感染症の影響により、中止となりました。

    (以下は例年の情報です。)
     ↓

     行列の中心となるヒロインの斎王代には市内の未婚の女性が選ばれ、祭に奉仕する斎王代以下女人列に参加する50名余りのみそぎ祓の儀が行われます。

    【上賀茂神社】北区上賀茂本山町 市バス4「上賀茂神社前」 
    TEL 075(781)0011

    御祓神事

    ページの上部へ

    武家装束 古式の歩射

    歩射(ぶしゃ)神事 ※神社関係者のみ
    5月5日(水・祝) 11時〜
    下鴨神社

      新型コロナウィルス感染症の影響により神社関係者のみで行うことになりました。

    (以下は例年の情報です。)
     ↓

     宮中古式による葵祭の露払いの前儀。弦(つる)の音で邪鬼を祓う神事。鏑矢(かぶらや)で悪鬼を祓い、大的を射る神事や数々の弓矢の神事を奉納し、葵祭の無事を祈ります。

    【下鴨神社】左京区下鴨泉川町 市バス205「下鴨神社前」
    TEL 075(781)0010

    京都 嵐山温泉 渡月亭

    ページの上部へ

    賀茂競馬(かもくらべうま) ※神社関係者のみ
    5月5日(水・祝)
    上賀茂神社

      新型コロナウィルス感染症の影響により神社関係者のみで行うことになりました。

    (以下は例年の情報です。)
     ↓

     寛治7年(1093年)に宮中で行われていたものを、神社に奉納されて以来続いている神事です。左右の馬の競駈は14時頃より始まります。

    【上賀茂神社】北区上賀茂本山町
    市バス4「上賀茂神社前」 
    TEL 075(781)0011

    競馬会神事(くらべうまえしんじ)

    ページの上部へ

    糺の森 たおやかな舞

    御蔭祭(みかげまつり)※神社関係者のみ
    5月12日(水) 9時30分〜
    下鴨神社

      新型コロナウィルス感染症の影響により神社関係者のみで行うことになりました。

    (以下は例年の情報です。)
     ↓

     祭に先駆けて、神霊を下鴨神社に迎える為の神事で、境内の糺の森で行われる「東游(あずまあそび)」の舞楽はたおやかな趣きのある舞です。

    【下鴨神社】左京区下鴨泉川町 市バス205「下鴨神社前」
    TEL 075(781)0010

    ページの上部へ

    ■ 納涼床

     

    清流のせせらぎを感じ、涼風をうけながら楽しむ食事。
    山里で、街中で、それぞれの趣を楽しむ京都の夏の風物詩。


    ※掲載情報は新型コロナウイルスの影響で変更になる場合があります

     

    鴨川納涼床(のうりょうゆか)
    5月1日(土)〜9月30日(木)
    鴨川西岸 二条〜五条

     夏の兆しが感じられる5月。鴨の河原(鴨川)の水辺には"京の夏の風物詩 ― 納涼床"が早くも始まります。鴨川の納涼床は、歴史も古く、桃山時代に始まると伝えられています。鴨川西岸、二条から五条の間の料亭・旅館など100店余りが、河原に「床」を組んで営業。

    • 主な床のお店
    • 幾松 TEL 075(231)1234
      先斗町いづもや TEL 075(211)2501
      梅むら TEL 075(231)3383
      開陽亭 TEL 075(221)3607
      がんこ高瀬川二条苑 TEL 075(223)3456
      もち料理 きた村 TEL 075(351)7871
      弘 木屋町店 TEL 075(213)5000
      銀水 TEL 075(351)6600
      かのこ TEL 075(351)0709
      こま井亭 TEL 075(251)0351
      雪月花 TEL 075(342)1777
      仙鶴 TEL 075(341)7511
      多から TEL 075(211)8945
      田鶴 TEL 075(341)3376
      本家たん熊 TEL 075(351)1645
      ちもと TEL 075(351)1846
      鶴清 TEL 075(351)8518
      先斗町 禊川 TEL 075(221)2270
      モリタ屋 木屋町店 TEL 0120(770)298
    • 交通:市バス5・17・205「四条河原町」または「河原町三条」
    • お問い合わせ
    • 京都鴨川納涼床協同組合:http://www.kyoto-yuka.com
    • パンフレット入手先:
      京都総合観光案内所(JR京都駅ビル2F) TEL 075(343)0548
    鴨川納涼床 床びらき

    ページの上部へ

    貴船の川床(かわどこ)
    5月1日(土)〜9月30日(木) ※期間はお店により異なる場合があります
    貴船川沿い

     京の奥座敷、「貴船の川床」は清流貴船川のせせらぎを間近にして料理が楽しめます。市中よりもより一層さわやかな空気に包まれ、新緑の渓谷美も堪能。

    • 床のお店
    • 左源太 TEL (741)2146
      右源太 TEL (741)2146
      仲よし TEL (741)2000
      貴船茶屋 TEL (741)2148
      ひろや TEL (741)2401
      きらく TEL (741)2037
      ふじや TEL (741)2501
      べにや TEL (741)2041
    • 交通:叡山電鉄「貴船口」から貴船までは京都バスが毎日運行。
    • お問い合わせ
      貴船観光会 TEL 075(741)4444
      http://www.kibune.or.jp/

    ページの上部へ

    高雄の川床(かわどこ)
    4月上旬〜11月下旬 ※但し、夜の営業は6月上旬から9月中旬のみ
    清滝川沿い

     清流と渓谷美の里・高雄。緑あふれる自然美を体いっぱいに感じながら京料理を賞味する、高雄ならではの「床」プランを御堪能下さい。

    • 床のお店
    • もみぢ家  TEL (871)1005
      もみぢ家別館 TEL (871)1005
      高雄観光ホテル TEL (871)2991
      高雄錦水亭 TEL (861)0216

    ページの上部へ

    しょうざん渓涼床 (けいりょうゆか)
    4月下旬または5月上旬〜9月30日(木)
    鷹ヶ峯・しょうざんリゾート京都

     洛北・鷹峯の広大な日本庭園の中を流れる清流・紙屋川の畔に設けられます。洗練の京料理と市中の喧噪を離れた静かなひとときを、昼も夜も満喫できます。


    ページの上部へ

     

    ■ 春の特別拝観

     

    ※掲載情報は新型コロナウイルスの影響で変更になる場合があります


    ● 洛 中 ●

     

    春の特別拝観
    3月24日(水)〜6月4日(金) ※予告なく拝観停止の場合有
    相国寺(しょうこくじ)

     室町幕府三代将軍足利義満の発願により創建。金閣寺、銀閣寺を末寺にもつ臨済宗相国寺派の大本山の特別公開。
     「鳴き龍」で知られる法堂、平成25年に大修復した方丈、浴室を見学。

    • 拝観料 800円

    【相国寺】上京区今出川通烏丸東入ル 地下鉄烏丸線「今出川」
    TEL 075(231)0301

    ページの上部へ

    史跡御土居の青もみじ公開、宝物館公開
    4月下旬〜6月下旬(予定) 9時〜16時
    北野天満宮

     御土居一帯の約350本からなる青もみじの清々しい美しさをお楽しみください。

    • 拝観料 500円

    【北野天満宮】上京区馬喰町
    市バス50・101・203・205「北野白梅町」
    TEL 075(461)0005

    ページの上部へ

    新緑もみじ特別拝観 
    5月1日(土)〜31日(火)(予定)  9時〜15時  ※掲載内容は昨年の情報です
    妙覺寺

     織田信長の宿所の1つとされ、千利休による茶会も催された古刹の新緑を鑑賞ください。

    • 拝観料 800円

    【妙覺寺】上京区下清蔵口町   市バス9「天神公園前」
    TEL 075(441)2802

    ページの上部へ

    ● 洛 東 ●

     

    春の特別展 
    3月上旬〜5月5日日(水・祝) 受付9時〜21時30分
    高台寺

     豊臣秀吉の正室「北政所」ゆかりの寺宝を多く所蔵。桃山美術の傑作といわれる高台寺蒔絵の調度品は、その代表といえるもの。小堀遠州作の庭園は、国の史跡および名勝に指定されています。

    • 拝観料 600円

    【高台寺】東山区高台寺下河原町 市バス206「東山安井」 
    TEL 075(561)9966

    高台寺

    ページの上部へ

    春の特別展
    3月上旬〜5月6日日(水・祝) 受付10時〜21時30分
    圓徳院

     高台寺の塔頭である圓徳院は、秀吉が築城した伏見城の化粧御殿を移築したもの。

    • 拝観料 500円

    【圓徳院】東山区高台寺下河原町 市バス206「東山安井」 
    TEL 075(525)0101

    ページの上部へ

    青蓮院門跡 「茶室好文亭」の特別公開
    3月20日(土・祝)〜5月5日(水・祝)の土・日・祝日 受付10時〜15時30分
    青蓮院(しょうれんいん)

     旧粟田御所の青蓮院。江戸時代、後櫻町上皇の御学問所として使用されたのが好文亭です。期間中は正式な茶道のお点前を楽しんでいただけます。

    • 拝観料 1,000円(抹茶または煎茶、菓子付) 
            ※別途通常拝観料 500円必要

    【青蓮院】東山区粟田口三条坊町 市バス5「神宮道」 
    TEL 075(561)2345

    ページの上部へ

    建礼門院寺宝展
    4月1日(木)〜5月10日(月)
    長楽寺

     建礼門院ゆかりの品々や多数の遺宝を公開します。

    • 拝観料 650円

    【長楽寺】東山区円山町 市バス206「祇園」
    TEL 075(561)0589

    ページの上部へ

    哲学の道もすぐ近く・・・

    春の特別公開
    4月上旬〜6月初旬の土・日・祝日を中心に開催(予定)
    安楽寺

     4月は桜、5月はつつじ、花の開花に合わせて公開します。

    • 拝観料 500円

    【安楽寺】左京区鹿ケ谷御所ノ段町 市バス5「真如堂前」
    TEL 075(771)5360

    ページの上部へ

    春の特別公開 戒壇めぐりと一初鑑賞会
    4月下旬〜5月上旬
    得浄明院

     東山の花の寺。一初はアヤメ科の中でも最も早く咲く花です。

    • 拝観料 500円

    【得浄明院】東山区知恩院山内林下町
    市バス206「知恩院前」、地下鉄東西線「東山」
    TEL 075(561)3767

    ページの上部へ

    五月会(さつきえ)
    5月14日(金)
    妙法院門跡  法要:9時  公開:9時〜15時30分

    法要が営まれ、通常非公開の文化財が無料公開されます。

    【妙法院門跡】市バス206「東山七条」
    TEL 075-561-0467

    ページの上部へ

    ● 洛 北 ●

     

    丈山翁遺宝展
    5月25日(火)〜27日(木)
    詩仙堂

     毎年5月23日の丈山忌後、5月25日から数日間は「遺宝展」として、書を中心とした石川丈山作の遺品を公開します。

    • 拝観料 500円

    【詩仙堂】左京区一乗寺門口町 市バス5「一乗寺下り松町」
    TEL 075(781)2954

    ページの上部へ


    名刹大徳寺塔頭の拝観

    ◆ 大徳寺塔頭 黄梅院

    • 3月下旬〜5月中旬
    •  千利休作「直中庭」、重文の本堂が公開されます。庫裡は日本の禅宗寺院において現存する最古のもの。
    • 拝観料 大人800円、中高生400円、小学生以下無料(保護者同伴)
    • 【黄梅院】北区紫野大徳寺町 市バス206「大徳寺前」
      お問い合わせ:京都春秋 TEL 075(231)7015

    ◆ 大徳寺塔頭 興臨院

    • 3月中旬〜6月中旬(予定) ※3月20日は拝観休止
    •  戦国武将の縁を伝える前田家の菩提寺。本堂・表門・唐門(いずれも重文)は室町期創建の禅宗建築の代表作です。
    • 拝観料 大人600円、中高生400円、小学生300円(保護者同伴)
    • 【興臨院】北区紫野大徳寺町 市バス206「大徳寺前」
      お問い合わせ:京都春秋 TEL 075(231)7015

    ページの上部へ

    ● 洛 西 ●

     

    春の特別公開
    3月中旬〜5月上旬(予定)  受付9時〜17時
    弘源寺

     細川家ゆかりの本堂から見事な嵐山の景観が望めます。竹内栖鳳の日本画や毘沙門天立像(重文)などの寺宝を公開。

    • 拝観料 500円 ※宝厳院との共通拝観券は900円

    【弘源寺】右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町 市バス28「嵐山天龍寺前」
    TEL 075(881)1232

    ページの上部へ

    庭園公開
    3月中旬〜6月30日(水)  受付9時〜17時
    宝厳院

     江戸時代の名所案内「都林泉名勝図会」に紹介された名庭。嵐山を借景とする「獅子吼(ししく)の庭」は格別な趣があります。

    • 拝観料 500円
    • 【宝厳院】右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町 市バス28「嵐山天龍寺前」
      TEL 075(861)0091

    獅子吼の庭の獅子岩

    ページの上部へ

    椿の開花に合わせて

    「花の天井」春の特別拝観
    3月12日(金)〜5月9日(日)
    平岡八幡宮

     江戸期に描かれたという神殿天井の44枚の極彩色の花絵が公開されます。

    • 拝観料 800円 (縁起書、大福茶付)

    【平岡八幡宮】右京区梅ケ畑宮ノ口町 JRバス「平岡八幡」
    TEL 075(871)2084

    「花の天井」

    ページの上部へ

    文殊寺宝館企画展
    4月〜6月の土・日・祝日 ※4月1日〜11日は毎日 9時〜16時30分
    善峯寺

     古清水色絵透彫六角壺(京都市指定文化財)や桂昌院ゆかりの品々など、善峯寺所蔵の文化財が公開されます。-->

    • 入山料 500円

    【善峯寺】西京区大原野小塩町1372  JR向日町→阪急バス「善峯寺」
    TEL 075(331)0020


    古清水色絵透彫六角壺

    ページの上部へ

    旧嵯峨御所 大覚寺 春季名宝展
    3月下旬〜5月上旬(予定) 9時〜16時30分
    旧嵯峨御所 大覚寺

     その年のテーマにそって旧嵯峨御所大覚寺に伝わる寺宝を展観。

    • 拝観料  800円(参拝料含む)※大沢池エリアは別途参拝料(300円)

    【大覚寺】右京区嵯峨大沢町 市バス28「大覚寺」
    TEL 075(871)0071

    大覚寺の名宝

    ページの上部へ

    「霊宝館」春季名宝展
    4月1日(木)〜5月下旬(予定)
    仁和寺

     国宝の阿弥陀如来三尊像をはじめとする名宝の数々を展観。

    • 拝観料 500円

    【仁和寺】右京区御室大内 市バス26「御室仁和寺」
    TEL 075(461)1155

    ページの上部へ

    霊宝館の特別公開
    4月1日(木)〜5月31日(月)
    清凉寺

     国宝の阿弥陀三尊像、重文の釈迦十大弟子像など多数の宝物が拝観できます。

    • 拝観料 400円 (本堂と合わせて拝観の場合 700円)

    【清凉寺】右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町 市バス28「嵯峨釈迦堂前」
    TEL 075(861)0343

    ページの上部へ

    特別公開
    5月1日(土)〜5日(水・祝) 9〜16時  5月13日(木)〜15日(土) 10〜15時
    神護寺(じんごじ)

     国宝伝源頼朝像、伝平重盛像、釈迦如来像などの展示と合わせて、石庭の公開も。

    • 料 金 800円
    • ◆ 多宝塔特別公開
    • 5月13日(木)〜15日(土) 10〜15時
    •  通常非公開の塔内部と、平安時代作の本尊・五大虚空蔵菩薩像(国宝)の特別公開です。
    • 拝観料 500円(別途入山600円料要)

    【神護寺】右京区梅ケ畑高雄町 JRバス「山城高雄」
    TEL 075(861)1769

    ページの上部へ

    ● 洛 南 ●

     

    霊宝館春期特別展
    3月20日(土・祝)〜5月15日(土)(予定) 9時〜15時受付
    醍醐寺

      桜の時期に合わせ、公開されます。
     彫刻、絵画、工芸、古文書など、国宝や重文だけで7万5千点以上、未指定の文化財を含めると、約10万点以上に及ぶ寺宝を収蔵する中から、テーマに沿って展示します。

    • 拝観料
    •   1,500円(霊宝館・三宝院・伽藍のうち3カ所共通参拝券)

    【醍醐寺】伏見区醍醐東大路町 地下鉄東西線「醍醐」
    TEL 075(571)0002

    ページの上部へ

    「宝物館」春の特別公開 
    3月20日(土・祝)〜5月25日(火)
    東寺 

     テーマに合わせて密教美術の数々が公開されます。

    • 料 金 500円

    【東寺】南区九条町 近鉄京都線「東寺」
    TEL 075(691)3325

    ページの上部へ

    ■ 夜間特別拝観

     

    青蓮院 夜の特別拝観
    3月下旬〜4月上旬、4月下旬〜5月5日(水・祝)(予定) 18時〜21時30分(受付終了)
    青蓮院

     相阿弥作の池泉回遊式庭園、小堀遠州作「霧島の庭」が夜の光の中に浮かび上がります。

    • 拝観料 800円

    【青蓮院】東山区粟田口三条坊町 市バス5「神宮道」
    TEL 075(561)2345

    ページの上部へ

    青龍殿ライトアップ
    3月下旬〜4月上旬、4月上旬〜5月5日(水・祝)(予定) 17〜21時(受付終了)
    将軍塚青龍殿

     京都市街の夜景も一望に楽しめます。

    • 拝観料 500円

    【将軍塚青龍殿】 山科区厨子奥花鳥町28
    地下鉄東西線「東山」よりタクシーなど
    TEL 075(771)0390

    ページの上部へ

    高台寺 ライトアップ
    3月上旬〜5月5日(水・祝)(予定) 日没〜21時30分(受付終了)
    高台寺

     秀吉夫人の北政所が開創。庭園には傘亭、時雨亭、観月台などの重要文化財が点在し、ライトアップされた木々が偃月池に映る様子は神秘的な美しさです。

    • 拝観料 600円(茶席あり・有料)

    【高台寺】東山区高台寺下河原町 市バス206「東山安井」
    TEL 075(561)9966

    ページの上部へ

    圓徳院 ライトアップ
    3月上旬〜5月5日(水・祝)(予定)日没〜21時30分(受付終了)
    圓徳院

     伏見城北政所化粧御殿の前庭を移築した北庭は、国の名勝指定。築山を中心に左右に多数の石組みを展開させるのは、桃山時代の豪華さです。

    • 拝観料 500円

    【圓徳院】東山区高台寺下河原町 市バス206「東山安井」
    TEL 075(525)0101

    ページの上部へ