京都イベント情報6ヶ月

※掲載されている情報は変更される場合がありますので事前にご確認下さい。

ピックアップ

秋の特別展・特別公開

秋風さわやか〜 名残りの床

 

季節の花

萩まつり

 

秋おすすめの催し

 

初秋の花 萩の見処

 

秋明菊

 

芙蓉

 

秋海棠

リンク集

  • 渓山閣
  • 旅館こうろ
  • 嵐山辨慶
  • 松井本館
  • 井筒八ッ橋
  • 平新
  • 加茂川館
  • 嵐山温泉 渡月亭
  • 京小町
  • 京都 嵐山温泉 旅館 彩四季の宿「花筏」
  • 旅館 元奈古
  • ホテル 花園会館
  • アーバンホテル 京都二条
  • 高雄もみぢ堂
  • 京都 炭屋旅館
  • ハトヤ
  • ページの上部へ

※掲載情報は新型コロナウイルスの影響で変更になる場合があります

9月の情報

美術館・博物館

■ 美術館・博物館

京都国立博物館

特別展
京(みやこ)の国宝 ─守り伝える日本のたから─

前期:7月24日(土)〜8月22日(日)
後期:8月24日(火)〜9月12日(日)

 京都と文化財の深い関わりを見つめながら、私たちの「国宝」が生まれ出るまでのあゆみを辿ります。

※事前予約優先制 詳細は展覧会公式サイトへ

  • 料 金
     一般 1,600円/大学生 1,200円/高校生 700円/中学生以下 無料

【京都国立博物館】東山区茶屋町
市バス100・206・208「博物館三十三間堂前」
9時30分〜18時 ※入館は閉館30分前まで
休館日 毎月曜(祝日は開館)
TEL 075(525)2473(テレホンサービス)

ページの上部へ

京都市美術館

THE ドラえもん展 KYOTO 2021

7月10日(土)〜9月5日(日)新館 東山キューブ

 現代アートの最前線で活躍する28組のアーティストによるドラえもんをテーマとした展覧会。連載開始から50年以上を経てもなお色褪せず、日本を代表するキャラクターとして世界中のこどもたちに愛されるドラえもん。ドラえもん世代のさまざまなアーティストがドラえもんの世界観を現代アートとして立ち上げます。

  • 料 金 一般2,000円、大学・専門学校生1,500円、高校生1000円、
     小中学生500円、未就学児無料   ペア券(当日一般2名)3,800円


フランソワ・ポンポン展

7月10日(土)〜9月5日(日)本館 北回廊2階

 ポンポンが彫刻家を志した初期の作品から、動物彫刻家となって名作《シロクマ》(1923-1933年)を生み出し名声を確立するまでの作品によって、彼の生涯と作品の魅力に迫ります。 

  • 料 金 一般1,800円、大学・高校生1,200円、 小・中学生800円


京都市京セラ美術館開館1周年記念展
上村松園

7月17日(土)〜9月12日(日)本館 北回廊2階

 全国の美術館・個人所蔵家の方々の協力を得て、最初期から絶筆に到るまでの代表的な作品100点余りが集結します。近代の京都画壇が生んだ不世出の女性画家である上村松園の全貌を、ここ京都でご覧いただきます。

  • 料 金 一般1,800円、大学・高校生1,300円、 小・中学生800円

【京都市美術館】左京区岡崎円勝寺町
市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
9時〜17時(入館は閉館30分前まで)
休館日 毎月曜(但し祝祭日開館)
TEL 075(771)4334(テレホンサービス)

ページの上部へ

京都文化博物館

特別展

小早川秋聲旅する画家の鎮魂歌

8月7日(土)〜9月26日(日)※会期中展示替えあり

 大正期から昭和期にかけて京都を中心に活躍した日本画家、小早川秋聲(1885〜1974)。個人コレクションを中心に、初期から晩年にいたる約110点および資料から、その画業の全貌を紹介する初めての大規模回顧展を開催します。

  • 料 金 一般1,400円、大高生1,100円、中小生500円
  • ※上記料金で2階総合展示室と3階フィルムシアターもご覧いただけます。(催事により有料の場合あり)

【京都文化博物館】中京区三条高倉
地下鉄烏丸線・東西線「烏丸御池」
10時〜19時30分
 ※特別展は10時〜18時(金曜日は19時30分まで)
 ※入室はいずれも閉室30分前まで
休館日 毎月曜(祝日の場合は開館、翌平日休館)
TEL 075(222)0888

ページの上部へ

京都府立堂本印象美術館

特別企画展
生誕130年 堂本印象

6月4日(金)〜9月26日(日)

 堂本印象生誕130年にあたる本年、印象の創造を改めて振り返る記念展を、前・後編に分けて開催します。

  • 料 金 一般510円/高校・大学生400円/小・中学生200円

【京都府立堂本印象美術館】北区平野上柳町 
市バス15・50・59「立命館大学前」
9時30分〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)
TEL 075(463)0007


 

ページの上部へ

泉屋博古館

企画展
木島櫻谷 四季の金屏風と京都画壇

9月11日(土)〜10月24日(日)

 住友コレクションのなかから櫻谷と彼を育んだ円山四条派など先人の絵画を併せて展観します。新たに寄贈された2件の櫻谷作品もご期待ください。

  • 料 金  一般 800円/高大生 600円/中学生以下無料

【泉屋博古館】左京区鹿ヶ谷
市バス32・100「宮ノ前町」
10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)
TEL 075(771)6411

ページの上部へ

野村美術館

秋季特別展
深まりゆく秋 -初秋・晩秋の取り合せ-

前期:9月11日〜10月24日 後期:10月26日〜12月5日

 「深まりゆく秋」をテーマに、前期では残暑のなか涼をよぶ一陣の風にのって届く虫の声、長寿を願って菊の花をくるむ着せ綿の故事などに思いを馳せる初秋の取り合せ、後期では夜長の無聊を慰める月の満ち欠け、川面をはしる楓や山を錦に染める紅葉などを思い描く晩秋の取り合せを展示。秋の茶の湯の雰囲気を存分にお楽しみください。

  • 料 金 一般 800円/学生 300円

【野村美術館】左京区南禅寺下河原町
市バス5「南禅寺・永観堂道」
10時〜16時30分(入館は16時まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)
TEL 075(751)0374

ページの上部へ

美術館「えき」KYOTO

写真展「MJ」
〜ステージ・オブ・マイケル・ジャクソン〜

7月10日(土)〜9月5日(日)

 ライブ・パフォーマンスを中心とした120点の写真を紹介。 本展監修者で日本屈指のマイケル・ジャクソン研究家・西寺郷太氏選曲によるBGM(30曲)と共にお楽しみください。

  • 料 金 一般900円、大高生700円、中小生500円

【美術館「えき」KYOTO】下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
市バス4・5・205・208「京都駅前」、JR・近鉄・地下鉄「京都」
10時〜19時30分(入館は閉館の30分前まで)
休館日 会期中無休
TEL 075(352)1111

blank

ページの上部へ

細見美術館

細見古香庵生誕120年記念
美の境地

8月24日(火)〜10月17日(日)

 毛織物業で財を成し、細見コレクションの礎を築いた初代細見古香庵こと細見良(1901-1979)。宗教絵画や和鏡・密教法具などの金工品、茶の湯釜、根来、七宝、土器などと多岐にわたり追い求めた蒐集品を厳選して紹介します。

  • 料 金 1,300円(一般)、1,000円(学生)

【細見美術館】左京区岡崎最勝寺町 
市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)
TEL 075(752)5555


 
 重要文化財 愛染明王像(部分)   

ページの上部へ

樂美術館

特別展
日本の色 −赤と黒の世界−

8月28日(土)〜12月24日(日)

 

  • 料 金 一般1,000円  大学生800円  高校生400円
      中学生以下無料

【樂美術館】上京区油小路通中立売上ル 
市バス9・50「堀川中立売」
10時〜16時30分(入館は16時まで)
休館日 毎月曜(祝日は開館)  TEL 075(414)0304

ページの上部へ

博物館 さがの人形の家

秋季展 
竹田人形展

9月11日(土)〜12月12日(日)

 江戸期に大坂で製作された躍動的な竹田人形を展示します。

  • 料 金 800円(一般)、500円(中高生)、200円(小学生)

【博物館 さがの人形の家】右京区嵯峨鳥居本仏餉田町
市バス28「嵯峨釈迦堂前」、JR嵯峨野線「嵯峨嵐山」
10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)
TEL 075(882)1421

 

ページの上部へ

嵯峨嵐山文華館

企画展 京(みやこ)のファンタジスタ
〜若冲と同時代の画家たち

前期:7月17日(土)〜8月30日(月)
後期:9月1日(水)〜10月10日(日)

 伊藤若冲をはじめとした個性豊かな絵師たちが群雄割拠していた、18世紀の京都。彼らは互いに交流し影響を受けながら、それぞれに独自の画風を確立していきました。同展覧会は福田美術館・嵯峨嵐山文華館が共同開催し、時代を彩った京都画壇たちの作品をたっぷりと紹介します。

  • 料 金 900円(一般・大学生)、500円(高校生)、300円(小中生)

【嵯峨嵐山文華館】右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町
地下鉄東西線「太秦天神川」より嵐電「嵐山」、またはJR「嵯峨嵐山」
10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎火曜(祝日の場合は翌平日)
TEL 075(882)1111

 

ページの上部へ

アサヒビール大山崎山荘美術館

開館25周年記念  和巧絶佳展 令和時代の超工芸

9月18日(土)〜12月5日(日)

 「和巧絶佳(わこうぜっか)」は現在の日本における工芸的な作品の三つの傾向――日本の伝統文化の価値を問い直す「和」の美、手わざの極致に挑む「巧」の美、工芸素材の美の可能性を探る「絶佳」――を組み合わせた言葉。日本の美意識に根ざした工芸的な作品によって、いま最も注目されている1970年以降に生まれた作家12人を紹介します。

  • 料 金 900円(一般)、500円(高大生)、中学生以下無料

【アサヒビール大山崎山荘美術館】乙訓郡大山崎町字大山崎小字銭原
JR京都線「山崎」、阪急京都線「大山崎」
10時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌日)、年末年始 
TEL 075(957)3123(総合案内)

ページの上部へ

霊山歴史館

2021年の展覧
渋沢栄一が生きた幕末 第2期 渋沢栄一と新選組

5月18日(火)〜9月12日(日)

 渋沢と関係があった新選組、近藤勇、土方歳三、木戸孝允などの資料とともに渋沢の生きた時代にスポットを当てます。

  • 料 金 900円(一般)、500円(高大生)、300円(小中生)

【幕末維新ミュージアム 霊山歴史館】東山区清閑寺霊山町 
市バス100・206「清水道」
10時〜17時30分(入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌日) 
TEL 075(531)3773

ページの上部へ

龍谷ミュージアム

秋季特別展
アジアの女神たち

9月18日(土)〜11月23日(火・祝)(会期中休館日あり)

 女神は、豊饒・音楽・文芸・吉祥などを司る存在として、あるいは残虐な戦闘のシンボルとして、世界各地で信仰されてきました。仏教はもちろん、アジア各地の宗教美術に登場する多様な女神の姿をご紹介します。

  • 料 金 未定

【龍谷ミュージアム】下京区西中筋通正面下る丸屋町 
市バス9「西本願寺前」
10時〜17時(入館は閉館の30分前まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌日) 
TEL 075(351)2500

ページの上部へ

古典の日記念 京都市平安京創生館

京都アスニー開館40周年記念
幻の宮 伊勢斎宮と平安京

6月16日(水)〜2022年6月8日(日)

 平安京内と、国指定史跡「斎宮跡」(三重県多気郡明和町)の発掘成果などから明らかになった、斎王の姿を紹介します。

  • 料 金 無料

【古典の日記念 京都市平安京創生館】中京区丸太町 
生涯学習総合センター (京都アスニー)1階
地下鉄「丸太町」で乗換 市バス93・202・204「丸太町七本松」
10時〜17時
休館日 毎火曜(祝日の場合翌日)
TEL 075(812)7222

ページの上部へ

京都市考古資料館

特別展示
平安京をつくる・たもつ 

7月10日(土)〜11月21日(日)

 羅城や条坊街路、平安宮内、平安京域の役所や東寺・西寺などの官営施設について最新の発掘調査成果を紹介します。また、このたび京都市の有形文化財に指定された小野瓦窯跡出土品をはじめ、平安京の造営、改造と再建、修理に不可欠であった瓦窯と瓦の生産・供給体制について、出土遺物や発掘調査の写真などから紹介します。

  • 料 金 無料

 

【京都市考古資料館】上京区今出川通大宮東入元伊佐町 
市バス59・101・102・201・203「今出川大宮」
9時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎月曜(祝日の場合翌平日)
TEL 075(432)3245




考古資料館

ページの上部へ

京都市学校歴史博物館

京都における幼稚園のあゆみ

7月31日(土)〜10月5日(月)

 全国に先駆ける近代教育制度を生み出した京都は、幼児教育の分野でも全国をリードし、園児たちに「たのしいこころ」を持ってもらおうと願う先生たちの姿勢は、戦後の京都にも引き継がれていきます。 同展では,こうした京都における現代までの幼稚園の歴史を振り返ります。

  • 料 金 300円(大人)、100円(小中高生)
  • ※京都市内の小中学生は土曜・日曜日は無料

【京都市学校歴史博物館】下京区御幸町 
市バス4・5・17・205「四条河原町」、阪急「河原町」
9時〜17時(入館は16時30分まで)
休館日 毎水曜(祝日の場合は翌平日)
TEL 075(344)1305

ページの上部へ

■ 能・狂言・コンサート

 

京都観世会館

京都観世会9月例会

9月26日(日)11時〜

演 目
     能「張良」「野宮」「安達原」/狂言「萩大名」/仕舞

  • 料 金 6,000円(一般前売)、3,000円(学生)

【京都観世会館】左京区岡崎円勝寺町 
市バス5・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」
TEL 075(771)6114

ページの上部へ

金剛能楽堂

金剛定期能

9月26日(日) 13時30分〜

演 目
     能「通盛」「花筐」/狂言/仕舞

  • 料 金 5,500円(一般前売)、3,000円(学生)

【金剛能楽堂】上京区烏丸通中立売上ル 
地下鉄烏丸線「今出川」
TEL 075(441)7222

ページの上部へ